« 2015年9月13日 - 2015年9月19日 | トップページ | 2015年9月27日 - 2015年10月3日 »

2015年9月20日 - 2015年9月26日

2015.09.23

■感想 神林長平『だれの息子でもない』

91qfdlrxnzl

『だれの息子でもない』神林長平|講談社ノベルス|講談社BOOK倶楽部

"本人(オリジナル)の死後も、ネット内を徘徊する人工人格(アバター)。 彼らを消去することが、市役所に勤めるぼくの仕事だ。 撃ち抜けるのか。記録と、記憶を、跡形もなく。

「当たり前の現在(いま)から始まる、隣り合わせの未来(あす)の怪談」

日本には、各家庭に一台、携帯型対空ミサイル、略称:オーデン改(カイ)が配備されている。
安曇平市役所の電算課電子文書係で働くぼくの仕事は、故人となった市民の、ネット内の人工人格=アバターを消去することだ。しかしある日、ぼくの目の前に、死んだはずの親父の人工人格が現れた 。

編集担当者コメント

<敵は海賊>、<戦闘妖精・雪風>シリーズなど数多くの著作を発表し、SFファンの圧倒的な支持を受ける作家、神林長平さんの最新作が登場です! 舞台は、インターネット上に集積された個人情報が、本人(オリジナル)の死後、もう一つの人格としてネット上を徘徊してしまう近未来の日本。そんな故人の人工人格(アバター)を消す仕事を生業としている「ぼく」と、死んだはずの父親の人工人格の冒険譚です。私自身、普段の生活で片時もスマートホンを手放せないことにふと怖さを感じるのですが、この物語はとても鮮烈に、ウェブに依存する私たちの「あり得る未来」を描いてくれています。さらに、父と息子、そして母親の家族小説としても、素晴らしく面白い傑作です。ぜひお読みください。"

 講談社の「小説現代」に連作として掲載された中編を3本集めた作品集。といっても3本でひとつの物語を構成していて、これは長編と呼んだ方が良いかもしれないひとつの物語である。
 すでに昨年出版された本だが、遅まきながら読んだので簡単に感想。

 神林長平の住む新潟の隣県 長野県が舞台。これだけ現実の地名が出てくる神林の小説はすごく珍しい。現実に根付いた設定は、中間小説誌掲載というところが影響しているのだろうか。

 本作は、『アンブロークンアロー 戦闘妖精・雪風』『いま集合的無意識を、』『ぼくらは都市を愛していた』といった近作に連なる「意識」をテーマにした作品の最新作。

 どちらかというとこの作品は、神林の『敵は海賊』シリーズのような、ユーモラスなシリーズに近く、軽妙な語り口で綴られている。

Img4ea6e9f2cxykcg

 まず設定が面白い。各戸に対空ミサイルが配備され、ネットワーク内のインターフェースに、自己の記憶を複写して擬似的な意識を持たせた個人個人のアバターが存在する2029年頃の世界(あと14年!)。

 ネットとのブレインマシンインターフェースを介して、ネットの中のアバターが主人公の脳にアクセスし、ゴーストのように彼の意識に介入。あたかも幽霊が過去から蘇って、そばに寄り添い主人公に語りかけ続ける。ホラーストーリーの背後霊との会話が、現代的なITインフラを通して、テクノロジーの問題として浮上する。
 ここはまるで磯光雄監督『電脳コイル』のSF小説版。
 そして神林の筆は、近作のテーマとして書き続けている「意識」の存在について、アバターを通して思索を深めていく。

 今回は、神林のデビュー以来のテーマである、「言葉」「言語」のキーワードは出てこない。わざと封印している気配もあるが、今回はそれらと「意識」を絡めず、ネット上に生まれた「意識」の意味について、探索が進む。

 ファンとしては、それらのキーワードと「意識」をつなぐ、神林長平のミッシングリンク(^^;)にあたる、人類の「意識」と「言語」に切り込む大作が、今後書かれることを想像せずにはいられない。

 伊藤計劃が、その残された作品群でアプローチし、盟友・円城塔が『屍者の帝国』でその探求を進めた「意識」と「言語」の問題。
 これに決着を付けられるのは、神林長平だけではないかと、デビュー当時から「言語」の問題に注目して読み続けてきた僕は思うのだ。

 そのテーマにふさわしいのは、『戦闘妖精 雪風』シリーズではないかと考えるのだけれど、神林ファンの皆さんは、どう思いますか。
 本作で肩慣らしをしたテーマを、昇華される神林の入魂の一作が書かれるのを、こころして待ちたいと思う。楽しみにしています(^^)。

◆関連リンク
神林長平『だれの息子でもない』(Amazon)

当Blog関連記事
■解読 神林長平『アンブロークンアロー 戦闘妖精・雪風』
■ネタバレ感想 伊藤計劃×円城塔『屍者の帝国』: The Empire of Corpses
■感想 円城塔『道化師の蝶』そして「松ノ枝の記」

| | コメント (0)

2015.09.21

■情報 中島志津男監督『伝説の巨獣 狼男対ゴジラ』 : Science Fiction Artists "Wolfman vs Godzilla"

Godzilla attacked a northern military base ! Wolfman vs. Godzilla

Adobe Premiere 経由でアップロード済み

Posted by 中島志津男 on 2015年9月5日

Legendary Beast Wolfman vs. Japan self-Defense Forces.

Adobe Premiere  経由でアップロード済み

Posted by 中島志津男 on 2015年7月17日

 中島志津男監督の自主映画『伝説の巨獣 狼男対ゴジラ』、ゴジラ愛にあふれた映像ですね。監督のFacebookページからシェアさせていただきました。以下の動画も同様です。素晴らしい映像、ありがとうございます。映画全体の完成が、とても楽しみです。

 上の2本目は、狼男 vs メーサー殺獣光線車、なかなかの迫力です。

ゴジラ vs 自衛隊

狼男、変身シーン!

変身シーンのメイキング

◆関連リンク
FACEBOOK MONSTERLAND - a safe habitat for giant monsters.
 ニコラス・ケイジとこの映画のポスターの2ショット。
「伝説の巨獣 狼男対ゴジラ」について : asabatyouのなんでもブログ2.

"これは「キングコング対ゴジラ」が大好きなファンがいて、その人が作った自主制作映画です。 狼男が他のモンスターと1対1の戦いをするのは、かつてユニヴァーサルが1943年に作った「フランケンシュタインと狼男」を思わせます。 ですがこの狼男、色は白いし体もごついので、何だかホッキョクグマや雪男みたいで(「スター・ウォーズ」シリーズの、ワンパに見えなくもない)、一般的な狼男のイメージと大きくかけ離れています。 しかし良い意味で他の狼男との差別化が出来ていますし、いかにもモンスターらしいルックスもあって、私は好きだったりします。正直、自主制作のキャラのままなのが、惜しいです。 ひょっとしたら、「ヴァン・ヘルシング」の狼男の原点かもしれません。 残念ながら、まだ完成していないようですが、いつか必ず完成してそれを見てみたいです。"

「伝説の巨獣 狼男対ゴジラ」を求めて(海外記事紹介) | PAMI-roh.

"この作品に出てくるゴジラは中島志津男さん、狼男は品田冬樹さんが造形。撮影されてから約30年経った現在でも編集などの作業が続けられており(!)以前のG-FESTで上映されたのはごく一部だそうです。"

・In Search Of Monsters: WOLFMAN vs GODZILLA « SciFi Japan
 その海外記事。

godzilla 62 vs wolfman movie awsome sculpture
 ファンメイドのフィギュア

狼男対G - ニコニコ動画:GINZA どこかの上映会での映像。

| | コメント (0)

« 2015年9月13日 - 2015年9月19日 | トップページ | 2015年9月27日 - 2015年10月3日 »