« 2015年1月18日 - 2015年1月24日 | トップページ | 2015年2月1日 - 2015年2月7日 »

2015年1月25日 - 2015年1月31日

2015.01.28

■情報 スティーブン・ソダーバーグ監督『2001年宇宙の旅』再編集

Soderbergh2001edit

スティーブン・ソダーバーグ監督が「2001年宇宙の旅」を再編集するとこうなる - DNA.

"ソダーバーグ監督はなぜ今リカットを決意したのかは公式ブログで「今までは若すぎたかもしれないし、怖かったのかもしれない」と曖昧ですが「この20世紀最 高のビジュアルアートのひとつを再編集するなら、単なるトリミングと再録音ではすまないと思った」とその意気込みを書いています。 元の作品は141分のところ、ソダーバーグ版は110分と約半時間をカット。ぱぱっと見た感じではアート過ぎるほどに冗長な部分をトリムし、ストーリーの全体像を分かりやすくする処理がされているようです。ソダーバーグ・カット版は監督の公式ブログ「Extension765」で全編公開されています。"

A one-of-a-kind marketplace from Steven Soderbergh. - Extension 765

"AT THE REQUEST OF WARNER BROS. AND THE STANLEY KUBRICK ESTATE, THE RETURN OF W. DE RIJK HAS BEEN REMOVED FROM THIS SITE.

 既に動画はワーナーブラザースとキューブリックエステートの要請で削除されたそうです。賢明な判断かと。

 ソーダバーグに何故こんな愚行が許されるんでしょうか。あの愚作『ソラリス』リメイクを撮ったソーダバーグですよ(^^;)。

 僕が見たのは冒頭だけだけれど、いきなり最初からスターゲートのシーンでボーマン飛行士の眼のソラリゼーションカットから始まっていた。そしてその後、原始の平原のシーン。そのカット間が黒いベタの画像になっていて、スピーディーというより抽象的でテンポの悪い映像となっていて、改悪にしか観えなかった。
 この冒頭で観るのをやめたので、全篇がネットから削除されたため、全体の出来は不明です、、、。

◆関連リンク


6 Reasons Why 2001: A Space Odyssey is the Most Important Sci-Fi Movie of All-Time - YouTube
 ボーマン船長役のキア・デュリアとフランク・プール役のゲイリー・ロックウッドが語る2001年。御二人ともかなりの高齢に。
Steven Soderbergh shares his re-edited version of 2001: A Space Odyssey - Movie News | JoBlo.com
 冒頭の画像はこのサイトから引用させて頂きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.01.26

■情報 「SFマガジンcakes版」配信スタート!

Sf_magazine_cakes

SFマガジンの記事、コラム、読み物一覧| cakes(ケイクス)

"SFマガジン 2014年に創刊55周年を迎えた、わが国唯一の総合SF専門誌です。紙版は偶数月の25日発売で、特集を中心に内外のSF小説を数多く掲載しています。こちらのcakes版では、SFに関するコラムやレビュウを中心に週刊で記事を配信していきます。"

【号外】「SFマガジンcakes版」が配信スタート!|cakes(ケイクス)

"2015年1月24日

1月より隔月刊化した同誌のcakesでのメディア配信がスタート! SFに関するコラムやレビュウを中心に週刊で記事を配信していきます。

【1】週刊SFマガジン通信
大森望の新SF観光局・cakes出張版

西国の妖と東国の科学が激突する幕末スチームパンク『鴉龍天晴』
第2回ハヤカワSFコンテスト最終候補作!『鴉龍天晴』 神々廻楽市

超ごった煮の世界観を統制する奇跡の文体——神々廻楽市『鴉龍天晴』
SF BOOK SCOPE 冬木糸一

限りなく純粋(クリア)な青春映画として〔前篇〕
劇場版PSYCHO-PASS レビュウ 吉上亮

『劇場版クラッシャージョウ』の復活上映が決定しました!
SF MAGAZINE RADAR SFマガジン

SFマガジンcakes版配信までの1月第4週
帰ってきたアンシブル通信 塩澤快浩"

塩澤快浩さんはTwitterを使っています: "「週刊SFマガジン」はあります。明日から。"

 SFマガジンが週刊化という塩澤快浩編集長の発言がネットで紹介されていたが、このcakesでの記事の週刊公開がそれに相当するということです。
 以下のリンクで紹介した隔月刊化の公式情報には、SFマガジンファンとして、寂しい気持ちを強く感じたけれど、最近、買ってなかったため、偉そうなことは言えない。
 ただ、学生時代に毎月楽しみに刊行を待っていた時の気分、特にあのSFマガジンの新刊のインクの匂いが懐かしく思い出される。

 週刊化されたSFマガジンは、cakesの登録で読めるようなので、今後は折に触れ、目を通してみたいと思う。

◆関連リンク
・〈ミステリマガジン〉〈SFマガジン〉〈悲劇喜劇〉隔月刊化のお知らせ (2014/11/26)ハヤカワ・オンライン

" 弊社刊行の雑誌三誌〈ミステリマガジン〉〈SFマガジン〉〈悲劇喜劇〉は、2015年より隔月刊に移行します。 発売日はそれぞれ、〈ミステリマガジン〉は奇数月25日、〈SFマガジン〉は偶数月25日、〈悲劇喜劇〉は偶数月7日となります。"

『S-Fマガジン 2015年 02月号』
 この号から隔月刊ということです。次は4月号。

『S-Fマガジン 2015年 01月号』
 こちらが月間の最終号。何と「円谷プロ」特集だったとは...。本屋で゜完全に見逃してました。
S―Fマガジン2015年1月号 | ハヤカワ・オンライン

"円谷プロダクション×SFマガジン 日本の特撮界をリードしてきた円谷プロダクションとSFマガジンとのタイアップ企画、その始まりとなる特集。 円谷プロの現在に至るまでの歴史やSF要素に光を当てることで、空想特撮と日本SFのつながりに再注目する。
特撮短篇シリーズ《TSUBURAYA×HAYAKAWA UNIVERSE》の連載第一弾として円谷特撮に影響を受けた作家陣による ウルトラノベライズを一挙3本掲載するほか、エッセイや評論、概説も交えて円谷プロの源流を辿る。
[特集内容] ■Short Stories ○「多々良島ふたたび」山本 弘 ○「宇宙からの贈りものたち」北野勇作 ○「マウンテンピーナッツ」小林泰三
■Review-Essays ○「【再録】SFを創る人々 その8 円谷英二氏」 大伴昌司 ○「〈怪獣博士〉大伴昌司の真実」 紀田順一郎 ○「円谷プロ クロニクル 2016年の挑戦」 谷崎あきら"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年1月18日 - 2015年1月24日 | トップページ | 2015年2月1日 - 2015年2月7日 »