« 2016年2月21日 - 2016年2月27日 | トップページ | 2016年3月6日 - 2016年3月12日 »

2016年2月28日 - 2016年3月5日

2016.03.02

■情報 留之助商店&サーカス・ポスタラス・スタジオ主催「Monsters and Misfits IV : モンスターズ・アンド・ミスフィッツ-4」@渋谷ヒカリエ

Monsters_misfits_ivモンスターズ・アンド・ミスフィッツ-4

"モンスターズ・アンド・ミスフィッツ-4怪物と不適応者たち
参加アーティスト:ブランド・ピータース、キャシー・オリヴァス、クリス・ライニャック、アマンダ・スペード、アンドリュー・ベル、スタン・マヌキアン、他
会 期 2016年4月 1日(金) - 2016年4月 7日(木)
時 間 11:00 - 20:00(最終日は17:00まで)
場 所 渋谷ヒカリエ8/COURT
料 金 入場無料 事前申込 不要
主 催 留之助商店 サーカス・ポスタラス・スタジオ : Circus Posterus Studio
問合せ:0576-25-2010 info@tomenosuke.com

 欧米ファンタジー・アート界屈指の画家・造形家による驚異のグループ展。 布、木、硝子、金属、樹脂など、様々な素材を駆使して紡ぎ出された異世界のイタズラな怪物や茶目っ気たっぷりの小悪魔たちが、渋谷ヒカリエに集結します。作品数およそ100点。誰もがモンスターズ・アンド・ミスフィッツの不思議世界の虜になることでしょう。 開催2日目(4月2日午前11時)からオンライン・プレビューが公開されます。 www.tomenosuke.com"

 ついに4回目にして、会場が、飛騨高山 日下部民藝館から、東京のヒカリエへ移動。あの堂々とした古民家の風情の中で佇むオブジェモチャたちも捨てがたいのだけれど、関東圏の多くの人々に見られる機会が提供されることを、とにかく喜びたいものです。
 リンク先のヒカリエのページに、今回、引用させていただいた展示作品の写真のスライドショーがあるので、是非ご覧ください。
 中子真治さんの下呂温泉 留之助商店 店主のブログには、さらに制作風景等、最新の作品情報もアップされているのでモンスターズとミスフィッツのファンの皆さんは注目です。

Monsters_misfits_iv_2

 今回、上の引用画にあるような新しい作家の作品も加わるようです。
 東京で今回、これらの不可思議で愛くるしいオブジェモチャがどのような評判になるか、とても楽しみでワクワクします。

◆関連リンク
・当Blog Monsters Misfits 関連記事 Google 検索
 過去3回の展示会の様子を、写真と動画でレポートしております。

| | コメント (0)

2016.02.29

■感想 筒井康隆『モナドの領域』

筒井康隆『モナドの領域』 新潮社

" 河川敷で発見された片腕はバラバラ事件の発端と思われた。美貌の警部、不穏なベーカリー、老教授の奇矯な振舞い、 錯綜する捜査……。だが、事件はあらゆる予見を越え、やがてGODが人類と世界の秘密を語り始める――。
 巨匠が小説的技倆と哲学的思索の全てを注ぎ込んだ 超弩級小説。"

 筒井康隆『モナドの領域』読了。
 冒頭のミステリ的な謎からグイグイと読者を引っ張り、そして偏在するGODの深淵を描きだした巨匠円熟の作品。
 特に前半、謎の提示とGODの登場、そして法廷で裁かれる"神"の犯罪とそこで証明されるGODの実在。なんともスリリングな物語に手に汗握りながら一気に読ませる。法廷シーンは特に白眉で背筋にゾクゾクする興奮が走る。
 クライマックスの舞台は、筒井得意のマスコミなのだけれど、いまひとつ趣向が炸裂しなかったように思えるのは僕だけか。世界が見つめるその瞬間がどう世界に波及しているのか、そうした部分も描きだしていたら、壮大な物語になったのに、と少し残念な気持ちに。
 とはいえ、それをやらずに、一点集中して描かれる古今東西の神論とメタフィクションのカタルシスは素晴らしい。

 とにかくそこに実在するGODが語る様を描き出す筒井康隆の奇想は、ファンならずともSFの神テーマを好きな読者には必読でしょう。

 この作品、とりたてて特撮や大きな舞台装置を用いずに壮大でスリリングなSF世界を描くのに適した原作なので、映画化や舞台化されてもすごい作品ができるかも。そんな期待にもワクワクします。
 最後に表紙絵は、筒井氏の御子息の画家 筒井伸輔氏によるもの。偏在するGODを表現した絵として、とても似合う表紙です。

◆関連リンク
巨匠・筒井康隆が最後の長編小説『モナドの領域』を語る 「究極のテーマ『神』について書いたので、これ以上書くことはない」  | 日本一の書評 | 現代ビジネス [講談社].

"―それにしても、帯に「おそらくは最後の長篇」とあるのが気になります。

僕にとって最終的なテーマであり、おそらく文芸にとっても最終的なテーマである神について書いたので、もうこれ以上書くことはないんです。

まあ、ここからは冗談ですが、たとえばこれで文芸賞をとったら、主催社の雑誌に何か書かなくちゃいけない。しょうがないから「カーテンコール」というタイトルで、私の小説の主人公が次々と出てくる話を書きます。

それでもまだ注文をよこすようだったら「プレイバック」というタイトルで私の小説のあちこちの文章をぐちゃぐちゃに繋げたものを書きます。そうしたらさすがに編集者も呆れて、注文がこなくなるでしょう(笑)。"

 この小説の成り立ちの偶然性について、作者ご本人が語られています。大変に興味深いです。
 もちろん僕は「最後の長篇」にならないことを願っております。
筒井康隆最後の長篇か? 噂の「モナドの領域」最速レビュー

"〈このふらふらしておる眼だがね、これはわしの遍在に驚いてこの結野君のからだが反応しておるだけだ〉。

〈神というのはお前さんたちが勝手に作って勝手に想像しているだけだからね。実際にはお前さんたちの想像している神とはだいぶ違うよ〉"

モナド - Wikipedia

  • モナド (哲学) - ライプニッツが著書『モナドロジー』(『単子論』とも)において提唱した哲学上の概念。
  • モナド (超準解析) - 数学の超準解析において、ある与えられた超実数に対して無限に近い全ての超実数の集合。
  • モナド (プログラミング) - プログラミング言語の意味付けにおける完備な意味領域をモジュール性を持たせた形で分割するための枠組み。

ライプニッツ『モナドロジー・形而上学叙説』 (中公クラシックス)
 電子書籍もありますね。

| | コメント (0)

« 2016年2月21日 - 2016年2月27日 | トップページ | 2016年3月6日 - 2016年3月12日 »