« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月

2017.08.30

■感想 山田正紀『ここから先は何もない』Beyond Here Lies Nothin'


Bob Dylan:ホブ・ディラン- Beyond Here Lies Nothin' - YouTube

Beyond_here_lies_nothin

ここから先は何もない :山田 正紀|河出書房新社

"小惑星探査機が採取してきたサンプルに含まれていた、人骨化石。その秘密の裏には、人類史上類を見ない、密室トリックがあった……!

小惑星から発見された、化石人骨“エルヴィス”とは?3億キロの密室殺人。一気読み必至!超弩級エンタテインメント"

 壮大な地球生命史、人類史、そして宇宙の人工知能の歴史がボブ・ディランの歌のタイトルと呼応し、素晴らしいハーモニーを奏で、そして絶望を謳っている。

 ここでもある意味、山田正紀がデビュー長篇『神狩り』からテーマとしてきた、神との闘いが描かれていると言ってもいいかもしれない。

 壮大な宇宙の歴史、人類の存在意義といったSFの王道のテーマで今回山田正紀が描いたのはその存在の虚無である。まさに「Beyond Here Lies Nothin' ここから先は何もない」。

 しかしそれでもポジティブに登場人物たちを描く山田正紀の筆致が心地いい。
 宇宙の物語であるのに、市井の人々の地上の視点が貫かれている。山田正紀の得意とする必ずしも優秀でない若者たちがその自身の持てる力を尽くして戦う姿が最初から描かれていることにより、描かれた虚無がどこか相対化されていく。
 これが本書の読後感を、冷たくも暖かくしている所以なのだと思う。

 壮大な宇宙の推理トリック、宇宙史、人類史といった彼方の視点と若者の奮闘する姿。こうした幅広い視点が、「想像できないものを想像する」山田SFの真骨頂である。本書はそれを苦くも心地よく描いた山田ファンへの見事なプレゼントである。

◆関連リンク
山田正紀 当ブログ記事 Google 検索

| | コメント (0)

2017.08.28

■感想 「奈良美智 for better or worse」展 @ 豊田市美術館

20840759_1852877088375210_699741101

奈良美智 for better or worse(豊田市美術館 公式サイト)
 以前に古典以外で何枚かの作品を観ているが、これだけまとまって奈良美智作品を鑑賞したのは初めて。

 実は奈良作品にもっと稚気にあふれた印象が強かったのだが、全体を鑑賞した感想は、もっと反逆というか呪咀に満ちた絵だというイメージ。その理由は手に持つナイフや邪悪な視線。

 特にこの女の子たちの視線は、観客を通り越して、観客の背後の不可思議な世界を見ているように感じられる。そしてその彼女たちが見ている光景を展示会の途中から想像したら何だか寒気がして来た。

 この感覚が奈良作品のもしかして真髄なのかと感じたのは、その大小はあれ、一緒に行った家族もだったので、あながち間違いではないのではないのかもしれない。実は奈良作品論とか美術界方面の批評を見ていないので全くの的外れなのかもしれない。

◆キャシー・オリヴィスと奈良美智作品
 「奈良美智 for better or worse」展を観てきた印象の強いうちに、と以前から気になっていたキャシー・オリヴィスと奈良美智作品の違いを考えてみた。(異なるアーティストの作風の違いを云々することの無粋をご容赦ください。僕にはずっと気になっていたのでここにメモしておきます)

nara yoshitomo kathie olivas - Google 検索
 Google画像検索で比べてみるとよくわかる。

C36749580d48aed3a44de924bc30a0bfyos

 左が奈良美智、右がキャシー・オリヴィス。
 ふたりの作品は、どちらも額の広い女の子が主題になることが多い。そしてその眼の大きさと両目の間隔、全体的なバランスが近いイメージを醸し出す。

 しかし比較して並べてみた画像1枚目を見てもらうと顕著であるが、眼の形状と絵画としてのタッチが大きく違うことがわかる。奈良の眼は、今回の展示会で僕が感じた「反逆」とか「呪詛」といったイメージにつながるような半目で釣りあがっているのが特徴である。そして絵画で特に顕著だが、キャシーのそれは丸くそして眼にどこか温和さが宿る。

Af08841bcb5b49568dd7af9f30e58bfbyos

 第一印象で似た感覚を持っていたので、今回、こうしてふたりの作家の違いを比べてみた。
 僕が好きなのは、絵画では奈良のタッチ。立体造形ではキャシー・オリヴァスの4本脚の女の子たちがもっとも印象に残る。絵画より色合いが薄いトーンになっているのと、造形で形状がシンプル?になっているのが、そんな感想を僕にもたらしているのかもしれない。

| | コメント (0)

2017.08.23

■感想 「テオ・ヤンセン展 人口生命体、上陸!」 @ 三重県立美術館


動く創造生命体(ビースト)=三重県立美術館でテオ・ヤンセン展 - YouTube(時事通信社)
テオ・ヤンセン展 - 三重県立美術館 開館35周年記念ll
(三重県美術館 公式)

 「テオ・ヤンセン展 人工生命体、上陸!」@ 三重県立美術館 行ってきました。

20770443_1852166211779631_523295070

 13体の巨大ストランド・ビースト、撮影自由だったので、3D 立体映像とパノラマVRも撮ってきました。 デモでは、2体は観客が自分で引っ張って動かせるし、大きいものはオーストラリアから来ていた助手の人がデモタイム動かしていました。

 パノラマ写真は以下に掲載しましたのでご興味のある方は、クリックください。
テオ・ヤンセン展 @ 三重県美術館 | Entapano VR

 会場は夏休みということもあり、小学生や子供が多く、この動くことで美術品になるアートを体感して楽しんでいるようでした。
 ここからビーストのDNAを受け継ぐ、巨大造形家が現れるのも楽しみです。

20729544_1852166365112949_874332050

 ヤンセン氏の妄想は、なかなかにSFチックで、この自らの造形物のDNAが観客の心を打って、継承されていくという考えで、おそらくそれが形態化してるのがわかるために、我々観客の心を捉えるのでしょうね(^^)。

◆関連リンク
テオ・ヤンセン 当ブログ関連記事 Google 検索

| | コメント (0)

2017.08.21

■感想 園子温監督『東京ヴァンパイアホテル』episode 1〜5


園子温監督、初オリジナル脚本ドラマ『東京ヴァンパイアホテル』予告編 - YouTube.

"本作は、地球と人類の滅亡を図る吸血族と、人類の戦いが描かれ、園子温監督にとって初のオリジナル脚本となるドラマシリーズ。

 激しいアクションパートのほか、シリアスから洒脱な演出まで園子温監督の全てが込められている。

 日本では日活撮影所にて3ステージをベースとして撮影されたほか、ヴァンパイアの故郷ルーマニア・トランシルヴァニア地方の、古代の地下道や、ドラキュラ伝説にまつわる城、地下の広大な空間サリーナ・トゥルダなどでロケが敢行された。

TOKYO VAMPIRE HOTELをAmazonビデオ-プライム・ビデオで.

" マナミは22歳の誕生日の日、居酒屋で突然、大量殺人に遭遇する。その居酒屋から、命からがら逃げた先々で、ドラキュラ族のKと、ネオ・ヴァンパイア族ことコルビン族の山田からつけ狙われる。

 マナミは、ドラキュラ一族を救うと予言された運命の子だったのだ。マナミはKに捕まりそうになったところで、反ドラキュラ勢力のコルビン族の山田に連れ去られ、彼らが人間を相手に営むホテル・レクイエム--またの名を東京ヴァンパイアホテルに監禁される。

 そして、コルビン族はこのホテルを用いた恐るべき計画を進めていた。その計画とは、人間の若い男女を大勢集め、世界が終わることを告げ、強力なシェルターでもあるこのホテルの中で生き延びることを選択させ食料(人間の血)を生涯確保するという計画だ。Kのミッションは?マナミの運命は?そして、人類とヴァンパイア族、ネオ・ヴァンパイア族の戦いが始まる。"

Amazonビデオ【東京ヴァンパイアホテル】キャストとあらすじ!園子温・最新作は映画級! | 【dorama9】.

"山田(満島真之介)という謎の男と、奇怪な女帝(安達祐実)とエリザベス・バートリ(神楽坂恵)がこのどぎつく美しい宮殿のようなホテルに住み、ホテルを取り仕切っている。招待された人々はホテル内で山田が主催する全国合コン大会に参加する若い男女たちだ。

突如、山田が「明日世界は滅び、このホテル内にいる人間だけが助かる道が残されている」と宣言をする。

どよめき、信じられない人々。

「ここにいる者たちが生き残る!我々の餌となって!」ホテルの下には広大な地下空間が広がり、人間はそこで愛を営み、人類を繁栄させ、女帝と山田ら吸血鬼コルビン族から永遠に食らわれ続けるしか存続の道がないのだという。

集められた若者一同は、完璧なシェルターであるホテルで地球と人類が滅亡するのを目の当たりにする。ホテルの外は死の灰で覆われた。"

 あらすじをリンク先から引用してみましたが、この内容からだけでは、とてもあのドラマの全貌は伝わりません。

 特にこのあらすじでうまく伝わらないと思うのは、エピソード1での東京を舞台にしたヴァンパイア族の壮絶な戦い。そこに登場するのが、殺人鬼 中川翔子。居酒屋での殺戮シーンは映像のシャープさ、演出の切れ等、見どころ満載。このエピソードの衝撃度だけでも、Amazonプライムの加入者は一度、観てみてください。

 その後に続くホテルに若い男女を集めて、、、というシーンは、若いボディコンの女の子が大勢画面に並ぶという園監督が好きな(『映画 みんなエスパーだよ!』等に顕著な)シーンを撮りたいだけって感じの、いつもの場面でなんとなくまたか感があるのですが、、、w。

 そこまでのシャープなテンポが崩れていまいち感は否めないが、そのホテルに安達祐実が一人二役で演じる怪異な女帝とか、ホテルの外の世界が終わる描写とか、奇想も盛られていて、ギリギリの線で持ちこたえているって感じ。

 とはいえ、満島真之介演じる山田と呼ばれる帝王の奇怪なハイトーンな演技とか、夏帆のシャープな演技が画面のレベルを持ち上げて、この先、何が動くか、凄く期待させる。

 SF的設定と演出力で、いままでの日本映画にはない、スケールの大きなヴァンパイアものになっているのは確実で、この後5エピソードのいく末に期待。
 最近、デイヴィッド・リンチ『ツイン・ピークス』エピソード3でリンチのシャープな奇想映像に脳内刺激を強烈に受けていてw、なかなか他の映画を観ても映像的なショックは受けることが少ないのだけれど(これをリンチ中毒というw)、園子温のパワフルで端正でそして猥雑な映像は、リンチ中毒者のWOWOWでの第4話から5話までの一ヶ月の待ちぼうけ状態の禁断症状をかなり癒してくれるのでした(^^;)。


Salina Turda from binecuvantare.ro on Vimeo

 映像としてのスケールを大きくさせているひとつの要因は、トランシルヴァニアの古城とかサリーナ・トゥルダという地下岩塩鉱山後に作られたテーマパークとかルーマニアのロケ。

 引用動画はそのテーマパーク サリーナ・トゥルダと名付けられた岩塩鉱山の跡地に作られた地下120mの遊園地でロケされたとのこと。
 動画を観ると、洞窟好きには堪らない空間感覚と、エレベータに代表される未来都市的なルックがとても面白い。こんなルーマニア、行ってみたいものですね。

| | コメント (0)

2017.08.09

■感想 アルチンボルド展 @ 国立西洋美術館

20621347_1847674055562180_378627186

アルチンボルド展 公式サイト
 国立西洋美術館で『アルチンボルド展』を堪能。
 ハプスブルク家のヴンダーカンマーの影響を直撃で受けた、ジュゼッペ・アルチンボルドの博物的奇想画のディーテイルを楽しみました。ちょっと作品数は物足りなかったけれど…。

20663678_1847674252228827_271153335

 代表作である「春」「夏」「秋」「冬」、「大気」「火」「大地」「水」がまず観れたのが大収穫。

 写実的な描写で各自然物をリアルに描き、それらを絶妙に配置することによって現れる不思議な顔。奇想であるとともにどこかユーモラスな仕掛けがされているのが、宮廷でアルチンボルドが占めていた位置をなんとなく観客に体感させていて、当時のプラハでの感覚をどこかうかがい知ることができる。

アルチンボルドメーカーによるBP像
 アップした動画は自分の顔をカメラで写すと自動的にアルチンボルド風CGを作成する「アルチンボルドメーカー」のコーナーで、僕の顔をAIが加工したCG。

 こんな進撃チックなユミルの様な顔じゃないぞ、と文句は言いたいがw、いろんな形態でアルチンボルドを自動生成するシステム「アルチンボルドメーカー」にはなかなかの感動。
 このアプリ、スマホ用に展開してほしいものです。

20597008_1847674225562163_815415833

 ミュージアムショップでは、このようなアルチンボルド立体造形物が売られていた。もともとリアリスティックな描写がなされているアルチンボルドの絵画なので、それを野菜等でリアル造形したものも違和感がない。

Arcimboldo sculpture - Google 検索
 ネットで検索するともっと造形物を観ることができるが、こうしたものも会場でしっかり展示されていたら、もっとインパクトがあったのではと残念だったり、、、。

Expositiongeantarcimboldophiliphaas

Philiphaaschateaubaux_0

 このあたりの造形物は素晴らしいです。ぜひ、実物をいつかどこかで見てみたいもの。

| | コメント (0)

2017.08.07

■パノラマVR写真 「ゴジラ展」


ゴジラ展示 | Entapano VR
 先日レポートした「ゴジラ展」@ 名古屋市博物館.のパノラマVR写真をアップしましたのでご紹介。

 シン・ゴジラと破壊された東京駅から、平成ゴジラの雄姿がVR写真として観ることができます。なんどか書いてますが、このVRが立体視できる様なものなら、あの実物の臨場感をもっと伝えられるのではと思いますので、少々2Dでは残念です。

Entapano VR butfilp(究極映像研究所)
 こちらに僕が撮影した他のVR写真が掲載されています。

 この写真は、マウスで操作すると周辺画像が見渡すことができます。
 スマホでアクセスすれば、スマホを持つ角度を変えるだけであたかも周囲を見回している感覚で画像が動きます。もちろんそのスマホをヘッドマウントセットに装着すれば、頭の向きを変えただけで周囲を見回すことが可能。

◆関連リンク
魚眼レンズ一体型カメラ Entapano 2| Entaniya

"Entapano 2はシャッターボタン1つで水平視野250°の超広角な魚眼写真を撮影できるカメラです。 たった一枚の写真で目に入る全ての景色を写すことができます。

Entapano 2で撮影した写真は「Entapano VR」に登録すると グルグルと動かせる臨場感たっぷりのパノラマ写真として楽しめます。 パノラマ変換サービスのEntapano VRは無料でご利用いただけます"

 株式会社インタニヤさんからこのカメラをお借りして撮影しています。
簡単パノラマVR写真でPR | Entapano VR モニタ募集 200名までとのことです。まだ現時点では受け付けられていますので、興味ある方はリンク先で詳細確認を。
ENTANIYA コンパクトデジタルカメラ 超広角魚眼レンズ一体型カメラ Entapano 2(Amazon) こちらでカメラが発売されています。

| | コメント (0)

2017.08.02

■情報 小松左京『日本沈没』 「決定版」電子書籍

Img_133789_1

発行総数460万部超! 日本SF最大のヒット作小松左京『日本沈没』、著者の七回忌に合わせて電子書籍で「決定版」を発売|

" 価格:800円(税込)
8月8日までの期間限定で500円(税込)

"1.世界的なアーティストの生頼範義氏の作品を用いたオリジナル表紙

「ゴジラ」シリーズ、「スター・ウォーズ 帝国の逆襲」国際版などの映画ポスター、ゲーム「信長の野望」「三國志」のカバーアートも手掛け、幅広い層から今も熱い支持を受けている生頼範義氏が、1973年末の映画「日本沈没」公開時、「週刊少年マガジン」(講談社)の特集用に描きおろした作品を表紙に使用しております。

2.電子書籍としては初の上下一体版
 現在入手可能な『日本沈没』は文庫版、電子書籍版ともに上下二冊に分かれていますが、今回は読者にとって便利な上下一体版。超大作をスマホ等で持ち歩いて、いつでも読むことができます。

3.オリジナル図版を収録
 ストーリーをたどりやすくするため、次々と発生する地震、噴火などを時系列で記録した地殻変動マップを制作。また他の電子版ではカットされている原作の図版もとに、カラー図版を制作。小説の科学的なバックボーンであるプレートテクトニクス理論などが分かりやすくなっています。

4.小松左京氏ご遺族による初公開資料などを含めた解説を収録
 小松左京氏のご遺族による、約50,000字におよぶ詳細な解説を収録。『日本沈没』が著者の人生と密接に結びついたものであるばかりか、小松一族の百五十年にもおよぶ歴史が作品誕生に大きく関っていることが明らかにされました。 また初公開となる執筆メモや未採用の草稿など、特典画像も多数収録されています"

 これはファンには嬉しい! (僕は『日本沈没』マニアだったのでw、ハードカバーで出た定本『日本沈没』も持ってたりします)。

 ご遺族の解説というのは、御次男の小松実盛氏。小松家の歴史、小松左京の育ちと絡めた解説、漫画家 小松実作品の紹介執筆当時の各種のメモ等、貴重な資料になっている。
 まだ拾い読みしかしていないが、中には富野由悠季が1995年に、小松の代表作『果てしなき流れの果てに』のアニメ化を企画していたとか、新情報もある。

◆関連リンク
小松 左京『日本沈没 決定版』
日本沈没 当ブログ関連記事  Google 検索

| | コメント (0)

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »