« 2017年3月5日 - 2017年3月11日 | トップページ | 2017年3月19日 - 2017年3月25日 »

2017年3月12日 - 2017年3月18日

2017.03.15

■感想 村上春樹『騎士団長殺し』

16806767_1750135375316049_348931022

 村上春樹『騎士団長殺し』読了。初日に買ったんですが、時間かかったのは面白くなかったから...でなく本業多忙が原因です(^^;)。
 リーダビリティは今回もとても高い。主人公の一人称でいつもの端正な言葉で書かれているのと、絵画がキーになっていて芸術への作家のアプローチが大変興味深く、僕にとっては2冊もあっという間という感じでした(時間はかかっちゃったが、、、w)。

 ストーリーバレは極力しませんが、テーマについて触れるので、白紙で読みたい方は読み飛ばしてください。

 僕の最大の興味は『1Q84 BOOK1 BOOK2』で描かれた(と僕が感じているテーマ)「「孤独と静謐」と「自由意思と自然体」の相克」について、今回どう深化しているかということ。

感想 村上春樹『1Q84 BOOK1 BOOK2』(当ブログ記事)

" 意識偏重と書いたように、自由意志を優先しようとする近代の問題そのものは村上は肯定しているように思う。しかし体感的に実は自然体であることを本来の姿として描こうとしている。本来は意識の否定につながる自然体である姿の肯定という齟齬をかかえて。"

 もともと絵画をモチーフのひとつとして描いているため、画家の「意識と無意識」というテーマはかなり前面に出ているかと見えたのだけれど、1巻の後半でいよいよ「意識と無意識」というテーマが表面に浮かび上がってきたか! と思ったのだけれど、上記僕が期待した様な近代文学を越えていく様な、凄みのあるテーマは今回、後退していました。(これは神林長平『アンブロークンアロー 戦闘妖精・雪風』とかの延長で僕が勝手な文脈で『1Q84』を読んでいた故の妄想ですのでお気になさらずにw)。

 では今回のテーマは何か?
 ドイツの某が絡むのと、日本の中国における◯◯が描かれるのとで、テーマ的には戦争に至る人の迷走が中心主題にみえる。それが小田原近郊の画家の居宅で絵画を巡る幻想譚として描かれる。
 タイトルがズバリ、その中心主題の具像化したもの。

 本作のタイトルが最初発表された時に、村上春樹にしてはタイトルがらしくないな、と思ったもの。このタイトルはなんとなく現在のポピュリズム的状況を象徴している様に感じたのだけれど、読後の感想はそれを主に思い出していた。
 アメリカのトランプ政権により、代表的に具像化している状況。もちろんドイツの某を思い出すわけで、そんな連想から読後の印象につながったわけ。

 では画家のアトリエの裏にあったあの"室"を巡る幻想譚はなんだったのか。
 村上の過去作にもこうした幻想はたびたび出てきている。今回も複数の登場人物により同様に知覚されている幻想であるため、単にそれは主人公の妄想ではあり得ない。小説世界に幻想として現れた「イデア」と「メタファー」。
 正直、僕の中ではこのテーマと幻想の関係は読み取れていない。
 小説世界を芳醇にするための幻想。だけれどここで書いたテーマとその幻想は直接的にはマッチしていない。物語としての面白さ、リーダビリティはそれにより上がっているのだけれど、テーマの印象を強める様な印象ではなく、ぼんやりと膨らませている様な読後感である。

 直接的な政治批判でなく、このようにイマジナリーに描かれた物語で、読者はどのように村上の意図を感じるのか、今までとこれから書かれるであろう本書の感想/批評を楽しみに読みたいものです。

 それにしてもこの本の帯は意味ありげだけれど、あまりこの話の本質というか雰囲気を掴んでいないですね。これだと多くの人は内容を誤解するのではないだろうか。こんなに現代思想的な話ではないと思うのだけれど、、、。

◆関連リンク
村上春樹 当ブログ関連記事 Google 検索

| | コメント (0)

2017.03.13

■写真 クラシックカーミーティングin美濃

17155470_1758684091127844_839663427

クラシックカーミーティングin美濃

"うだつの上がる町並みの中を、クラシックカーがパレードをします。
カメラマンや来場された皆さんが、人垣を作って盛り上がります。

うだつの上がる町並みにクラシックカーを並べて展示します。
クルマと町並みのコラボを楽しんでください。

クラシックカーミーティングin美濃 では「1979年以前に製造されたお車」と定義"

 クラシックデザインのクルマと美濃のうだつの町並みのコラボが独特の味わいです。パノラマ含めて写真を撮ってきたのでご紹介。どこが究極映像か、という疑問は沸きましょうがw、40-60年代の流線型の美はノスタルジーとともに未来を感じさせるものです。「過去はいつも新しく、未来は不思議に懐かしい」という劇団「ブリキの自発団」の劇作家 生田萬氏の名言を思い起こします。

 特に左上の写真、ジャガーEタイプの曲線はいつまで見ていても飽きない素晴らしさ。写真を20枚ほど撮ってきましたが、後悔したのは今回3Dハンディカムを持っていかなかったこと。
 失敗でした。あの曲線立体造形の美しさは立体映像で家に持ち帰るべきだったと、、、。毎年春に開催されているということなので、近いので来年も行って撮ってきたいと思います。

17103632_1758684051127848_343876691

17264644_1758684347794485_308594209

 

グルメコーナーには、ロバのパンやをはじめ、これもクラッシックなキッチンカーが登場していました。
 右のベティちゃんのオムライス屋さんも最高のディスプレイでした。
 これも3Dハンディカムを持っていないことが悔やまれたショットですw。
 ロバのパンやさんは早々と1時くらいには売り切れていました。

17203117_1758684107794509_639141612

 そして『マッドマックス怒りのデスロード』というか、スチームパンク的なクルマがこれ。しっかり車名を控えてこなかったのですが(フロントには「Risky Snail」の名)、どうやらフォードのモデル3というクラシックカーを真ん中でぶった切って上下くっつけた様に見える。屋根の上にスパイダーのオブジェが置かれていたり、V8エンジンがむき出しで存在感をアピールしていたり、車高ゼロに詰められた車体とか、ドアの装甲の様な佇まいとか、『マッドマックス怒りのデスロード』ファンを唸らさずには置かないフォルムは会場でもひときわ異彩を放っていました。

◆パノラマVR写真
 いつものEntapano VR写真です。リンク先に10枚ほどアップしてありますので、よろしければスマホでVRしてみてください。

2017.3/12 クラシックカーミーティング in 美濃 | Entapano VR

◆関連リンク
クラッシックカーミーティング美濃(Facebook)

当ブログ関連記事
未来の車 GM Firebird Ⅲ
動画 懐かしい未来の車 " GM ファイアバード III : Firebird III
2030年未来の車 GMコンセプトカー Hero
 憧れのファイアバードIII、一度は実物を見てみたいものです。

| | コメント (0)

« 2017年3月5日 - 2017年3月11日 | トップページ | 2017年3月19日 - 2017年3月25日 »