« 2017年11月19日 - 2017年11月25日 | トップページ | 2017年12月3日 - 2017年12月9日 »

2017年11月26日 - 2017年12月2日

2017.11.29

■分析 『ツイン・ピークス The Return』(Season 3) 2017 第17話 と 『ローラ・パーマー最期の七日間』と『もうひとつのローラ・パーマー最期の七日間』、そして『ツインピークス 序章』比較


Twin Peaks: The Entire Mystery/Missing Pieces (2014) - Official Trailer HD - YouTube.

 最終回に向けて、『ローラ・パーマー最期の七日間』( "Twin Peaks:Fire Walk with Me (1992)" )と『もうひとつのローラ・パーマー最期の七日間』( "Twin Peaks : Missing Pieces (2014)" )、そして『ツインピークス 序章』(パイロット版) を見直した。まずは謎の存在、ジュディについてのメモ。

 



★★★★★★★ネタバレ、注意★★★★★★★★



◆ジュディの謎
ミズモトアキラさんの観察日記より、以下引用

"ブリッグス少佐が姿を消す前、『ある存在を発見した』とわたしとクーパーに報告してきたんだ。それは究極的な負の力(An Extreme Negative Force)で、かつてはジャオデイ(Jowday)と呼ばれていた。やがて時間が経ち、その名は変化し、ジュディ(judy)となった。クーパーとわたしと少佐はそのジュディを探す計画を立てた。"

 17話でゴードンが語った「ジャオディ」って、またチベット関係かと思ったが、ググってもそれらしき言葉は見つからない。ジェフリーズが、黒クーパーに対して「既にジュディに会っている」と言ってたので、一体正体は、、、?

 という最も謎の存在、ジュディについて、過去作から紐解いてみる。

『ローラ・パーマー最後の七日間』

Img_8784

① FBI フィラデルフィアのゴードンの部屋に現れたジェフリーズ。部屋に入るなり「ジュディのことは話さない。彼女の話は一切禁止だ」とゴードンとクーパーとアルバートに突然語る。

『もうひとつのローラ・パーマー最後の七日間』
② ホテル(ブエノスアイレス?)の受付でジェフリーズ「ミス・ジュディはここに宿泊を?」

続いて、上記と同じゴードンの部屋で、同じセリフと加えて以下のセリフ。
③「ジュディも確信している」
「やつらの集会を見た。コンビニエンスストアの上だ」「夢だった。僕らは夢の中で生きている。」アルバート「シリアルが降っている夢か?」と混ぜっ返すw。

Img_8793

④「ちくしょう、そうじゃない。シアトルのジュディの店で何か見つけたんだ」「やつらがそこにいた。何時間も黙って座ったまま。やつらをつけてった」「指輪。指輪に」。ゴードンの言葉に「5月(メイ)。2月。1989年?」と言ったと思うと消えるジェフリーズ。

次のシーンはホテル(ブエノスアイレス?)の階段に突然ふっと湧いて出て叫んでいるジェフリーズ。

 これだけの情報がジュディについて明らかになっているのだが、もう消去法的に考えて、ジュディが人だとしたら、あの蛙蛾が入ったあの人しかいないはずなんですが、、、。

 シアトルの店が、あのコンビニエンスストアのことなのか…。それにしても何故シアトルなんだろう?
 

20171126_190445

 今調べると、シアトルってワシントン州で、かのツインピークスの町のロケ地であるスノコルミーから僅か30kmくらい。ということはツインピークスに最も近い都会。あの人が若い頃に、店やってても不思議はないか!?

 そして17話でゴードンによって語られたジュディの謎。「究極的な負の力」という存在。
 これと上記ジェフリーズの語った言葉から考えると、「やつらのいる店をシアトルに持つミス・ジュディは、究極的な負の力と呼ばれる存在である」となる。

 そして16話のジェフリーズの言葉から黒クーパーが既に会っていることもわかっている。ジュディって、女なんだよね。それとも抽象的存在何だろうか??

 にしても、FWWMで全く回収されないこの謎を仕込んだのも、25年後を考えてたのか…恐るべしリンチ!

◆17話と過去作との映像比較

Pilot_vs_s3ep17

 ツインピークスのパイロット(序章)と17話の映像比較をしてみました。左が序章、右が17話。序章のジェシー登場の冒頭シーンから歴史改変されるピートの釣りシーンまで。

 4:3 サイズのTV画面の上下を切って、ハイビジョンの横長にしているのがよくわかります。

 ただピートが歩くシーンは横長にするのに、新たに左右の映像が追加されてますね。

 あと比べるとジェシーのアップカットの入る位置が違うとか、ピートが製材所を出て歩き出す位置が序章では手前になっていたり、ローラに気づくシーンが丸ごとカットとか、編集が変わっていることに気づきます。

 音響的には、どちらも女の声が被っていること(ジェシーの悩ましい声)。ただし17話はシーンの後半で、(たぶん)サラと思われる女の嗚咽のような声がかぶせてあります。うしろのパーマー家のサラの恐ろしい声のシーンの前振りですね。時間線が捻じ曲げられるのに対する怨念の声。

 最後のピート釣りシーンは、もちろん新たに作られた映像です。

Fwwm_vs_s3ep17

 これはダイレクトに歴史が改変された瞬間。左 FWWM、右 17話。
 FWWMのシーンからローラが削除されているのがわかります。あとFWWMではレイがタバコを顔の真横に持っていくところまで映っていませんが、17話ではタバコを真横まで持っていく新しい映像(FWWMでカットされていたコマ)が使われているのが分かりました(細かい話ですw)。

Fwwm_vs_s3ep17_reland

 左 FWWM、右 17話。
 リーランドがバイクでローラとジェームズが走り出すところを睨むシーン。若干、17話は画像のトリミングがなぜか変わっています。
 下も若干トリミングされていますね。

Fwwm_vs_missingfwwm_vs_s3ep17

 左 FWWM、中もうひとつのFWWM、右 17話。
 ジェームズがバイクで迎えに来て、ローラを乗せるシーン。
 カメラの位置が3つとも違います。FWWMは、もうひとつのFWWM映像の一部 2人をアップに拡大してあるみたい(画像が荒い)。
 17話ではカットしてた別位置から撮ったシーンが新たに使われているのが分かります。

Fwwm_vs_missingfwwm_vs_s3ep17_bike_

 左 FWWM、中もうひとつのFWWM、右 17話。
 バイクが走り出すシーンも3つ比較。両脇は同一映像のカラーとモノクロです。もうひとつのFWWMのみアップ。

Fwwm_vs_s3ep17_sara

 これが最後(疲れたw)、左がFWWM、右が17話のパーマー家リビング。
 当然25年の時間が経っているので、様子がずいぶん違いますが、ローラの写真だけが同じ位置に飾られている。しかしこの後のひどい仕打ちを考えると、、、。

 ということで映像比較レポートでした。

 あとFWWMを観て気づいたのは、コンビニの2階にいるイスラム風の男。クレジットはウッズマンとなっている。
 そしてこれがシーズン3では、黒いウッズマンに変わった。
 ここはおそらく911を経て、アメリカ国内のイスラムへの受け止め方が大きく変わり、その偏見に結び付けないための方策だったのだと思う。

| | コメント (0)

2017.11.27

■感想 『ツイン・ピークス The Return』(Season 3) 2017 第17話


Julee Cruise - "The World Spins" (Twin Peaks 2017) - YouTube

 いよいよ17話、まさに大団円に向かう大きなうねりの回。そしてここに来てジュリー・クルーズのこの曲が流れるラスト!

Mv5botjlotm3mgutmjixoc00zjdilwfhn2e

 前回がダギー・クーパーによる「明」のツインピークスとすると、今回は悪クーパーによる「暗」のツインピークス。いろんなことがこんな形で集約するとは ! 、という驚き!

 クライマックスの大ネタで、リンチの中で最高のSF映画にいまのところ成就。その結末はまだ来週に持ち越されているけれど、それが今回のラストをひっくり返す雰囲気もあり、まだまだ目が離せない。

 16話は高いテンションがずっと冒頭から維持され、最後までクライマックスのような緊張感が続く。
 いままでの16話分、それだけでなくシーズン1,2と映画版で貼った伏線、ギリギリと蓄えてきたテンションがここへ来て、解放された感じ。いろいろな伏線がラストへ向かって収束し、そして解放されるカタルシス。

 twitterで実況した人たちのコメント読んでたけれど、途中で「ひどい!」と怒ってる人も少数はいたが、大部分がこの急転直下の大団円に興奮しているのが伝わってきた。これでこのシーズン3の18話、DVD/ブルーレイが出た時に、胸を張って大推薦できることが確定(^^)。

 ということを書いて、17話の感想を先週中にあげることができず、実は今回、既に最終回放映後にこの記事をまとめていますが、衝撃の18話については、また来週、落ち着きを取り戻してから書いてみます。ので、今週はこれでご勘弁下さいw。






★★★★★★★ネタバレ、注意★★★★★★★★






 怒涛の展開は、冒頭のゴードンの「ジャオディというネガティブな力」についての語りから始まり、電線を流れる電気と追走する悪クーパー。座標への到達。巨人の登場と黒い鐘群。保安官事務所でのスリリングな展開とルーシーとフレディの活躍。まさかのNAIDOの変異。そして315号室からのトリップ!

 それに続く大ネタは、なんとこんな展開が用意されていたとは!! という驚き。この後はジュリー・クルーズのエンディングまで、涙なしには観られなかった。
 ここからの来週が想像できません。でも貼りまくった伏線は今回の大きな新ネタの導入で、解消の糸口が見えたような見えないような、、、。

 後半のあの3人の登場、序章のリピートとその変容。やはりこれはツインピークスだ(^^)!


◆二つのシーズン3のクライマックスと最終話に向けて
 16話は明のクライマックス、そして17話は暗。
 僕はクライマックスとしてはどちらも甲乙つけがたい感じだった。そして次は ?? 正反合じゃないけれど、明暗合って感じだろうかw?

 25年後のサラの圧倒的狂気のパワーがキーになりそう。
 この流れだとサラがあの8話の少女だったことは確定だろう。
 あの巨大な核のパワーが蛙蛾に集約し口に入った。そのパワーは時空の改訂を超えるということなのかも。

 クーパーは25年前にいるわけで、サラがローラの写真を叩き潰しているのは現在。時空を超えた対決になるのか、それにしても単なるタイムパラドックスに終わらない、凄い展開が待っていそう。

 序章から何かサラって変な印象だった。ずっーと伏線貼ってきてたのだろうかw。それともリンチの無意識は、そこに向かっていたのかw。

「僕らは夢の中で生きている」

Mv5bzge4otq3mtktzdlhzi00mzi5ltgzz_2

 今までのいろんな現実と幻想のブレは、タイムパラドックスだったのでしょうか。ツインピークスの町に、ふたつのパラレルワールドが交差していた??

 この言葉「僕らは夢の中で生きている」は、文字通りの「夢」ではなく、タイムパラドックスで時間線が変化して、別のパラレルワールドに変化してしまうことを表現してたのでないか。

 つまり、この17話までの時間線の世界のことを、クーパーが25年前に戻って変えてしまうため、幻として消えてしまう「夢」と表現したのではないだろうか。
 
 それにしてもアメリカでは17,18話を続けて放映したらしいけれど、一週間余韻と次週の想像を膨らませる我々日本の観客の方が幸せかもしれない。一週間、この気持ちが延長されたのは喜ばしいかと思うw。

歴史改変とサラ・パーマーの怨念
 今のところ、タイムスリップで時間線を変更して、ローラのあの屍体が存在しない朝、ピートが釣りをする1989.2/23になったという落ちを、サラが蟲パワーで揺り戻しをかけ時空に大きな歪みを与えてるという壮大な展開に見える。

 ストーリー的にもタイムパラドックス物のSFとして、蟲パワーという新機軸でさらにドンデン返しを仕掛けるという大技に見え、次回いかにリンチが暴れようと、時空の壮大な歪みという説明が可能で、リンチ史上最高のSFになったような気がする。

 17、18話がその構成として、物語的に万能のバトンタッチとなっていて凄い。この後、リンチがどこまで暴れるかが見もの。

歴史改変の予測
内藤理恵子 のブログ: 【わかったぞダイアン】旧作ツインピークスと新作ツインピークスの「つなぎ目」がBTTFですんなり分かる!
 歴史改変の件は、仏教学者にして、ツイン・ピークス評論家(WOWOW公式番組出演の)内藤理恵子さんの推定が見事に当たりましたね。

 僕は上の推定を読んでいたので、突然のタイムトラベルと歴史改変はそれほど驚かなかったけれど、それによって、ローラを救ってしまう展開は予想外。

 それにしてもカルト映画作家ディヴィッド・リンチの映像作品が『バック・トゥ・ザ・フューチャー』をベースにしているとは。ロバート・ゼメキスとリンチの時間改変テーマ対談を是非どなたかご用意下さいw。

 しかしあの前シリーズでの信号機とか、伏線として今回の時間テーマにつながる部分、シーズン1,2で既に仕込んであったとすると凄いぞ、リンチ&フロスト!
 前作までではタイムトラベル要素はゼロ。いったいいつからこの展開を考えたか聞いてみたいものだ。

 アメリカではBTTFとツインピークスの読み解きって、既になされてるんだろうか?知りたい。例えば以下、ツインピークスを好きな人向け映画リスト。

Great Movies To Watch If You Liked “Twin Peaks” « Taste of Cinema - Movie Reviews and Classic Movie Lists
 ここでは、BTTF、挙がってないですね。ツインピークスのテイストとは、真逆なので普通挙げないかw。

Julee Cruise ”The world Spins“
Julee Cruise - The world Spins HD ( Twin peaks S2E7 ) - YouTube
 S2E7でのJulee Cruise ”The world Spins“の映像、これは涙なしには見れません、丸太おばさんもいるし…。こうした悲劇を巻き戻したくてクーパーは17話の行動を取った。極めてクープらしい善き行動ですね。

 この歌の歌詞。噛み締めてしまいます。

Julee Cruise – The World Spins Lyrics | Genius Lyrics

"Moving near the edge at night
Dust is dancing in the space
A dog and bird are far away
The sun comes up and down each day
Light and shadow change the walls
Halley's comet's come and gone
The things I touch are made of stone
Falling through this night alone

Love
Don't go away
Come back this way
Come back and stay
Forever and ever

Please stay

Dust is dancing in the space
A dog and bird are far away
The sun comes up and down each day
The river flows out to the sea

Love
Don't go away
Come back this way
Come back and stay
Forever and ever

The world spins."

◆関連リンク
ツイン・ピークス The Return 登場人物相関図
 毎週更新されていますので、最新回を見られていない方は、ネタバレ注意。
[COLUMN] ツイン・ピークス The Return 観察日記(第17話) – | HERE I AM | AKIRA MIZUMOTO WWW.

今回のエピソードなんかを見ていると、前シリーズの30本、劇場版、そして劇場版の削除シーンを集めた『Missing Pieces』を含めた全ツイン・ピークス・サーガを有機的に再構成し、『過去が未来を決定(Dictate)』する壮大な作品になっていることがわかります。

◆関連 当ブログ記事
感想『ツイン・ピークス The Return』(Season 3) 2017 第16話
感想『ツイン・ピークス The Return』(Season 3) 2017 第15話
感想『ツイン・ピークス The Return』(Season 3) 2017 第14話
感想『ツイン・ピークス The Return』(Season 3) 2017 第13話
感想『ツイン・ピークス The Return』(Season 3) 2017 第12話
感想『ツイン・ピークス The Return』(Season 3) 2017 第11話
感想『ツイン・ピークス The Return』(Season 3) 2017 第10話
感想『ツイン・ピークス The Return』(Season 3) 2017 第9話
感想『ツイン・ピークス The Return』(Season 3) 2017 第8話
感想『ツイン・ピークス The Return』(Season 3) 2017 第6話
感想『ツイン・ピークス The Return』(Season 3) 2017 第5話
感想『ツイン・ピークス The Return』(Season 3) 2017 第4話
感想『ツイン・ピークス The Return』(Season 3) 第3話
動画『ツイン・ピークス』ペンデレツキ「広島の犠牲者に捧げる哀歌」
感想『ツイン・ピークス The Return』(Season 3) 第2話
感想『ツイン・ピークス The Return』(Season 3) 第1話 

| | コメント (0)

« 2017年11月19日 - 2017年11月25日 | トップページ | 2017年12月3日 - 2017年12月9日 »