« 2018年3月11日 - 2018年3月17日 | トップページ | 2018年3月25日 - 2018年3月31日 »

2018年3月18日 - 2018年3月24日

2018.03.21

■動画 AIが作成したサイケなPV Hardcore Anal Hydrogen "Jean-Pierre"


Hardcore Anal Hydrogen "Jean-Pierre" (2018, Apathia Records) - YouTube
AI(人工知能)でミュージックビデオを作ってみた。メタルにサイケ感マシマシでいい感じの香ばしさとなった。 : カラパイア

" 2009年に結成されたメタル&コンテンポラリーバンド「ハードコア・アナル・ハイドロジェン(Hardcore Anal Hydrogen)」が、Googleの生み出した人工知能ニューラルネットワーク「ディープ・ドリーム(Deep Dream)」をはじめとする様々なプログラムを使い、新曲「Jean-Pierre」のミュージックビデオを作り上げた。"

 気持ち悪いけど気持ちいい!不思議な感覚。
 こういうの観ると、AIって意識のない知性で、もしかしたら知的生命体が常にラリってる状態かも、と思う(^^)。

20180318_213231

Deep Dream Generator (Google公式)
 上のPVを構築したAIのひとつがこのGoogleのDeep Dreamである。
 どこかでみなさんも見たことがあると思うが、あの異様な犬の映像を創り出したクリエーターAIである。デジタル世界の創造主は、いったいどんな世界を生成したいのだろうか。

| | コメント (0)

2018.03.19

■情報 Google 高解像度 VR用有機ELパネル


Google Earth VR — Bringing the whole wide world to virtual reality - YouTube
Google VR(公式HP)
 最初のリンクは、Google Earth VRの動画であるが、今回ご紹介するのはGoogleが用意しているVRゴーグルのデバイスについて。

グーグルとLG、5月に高解像度のVR用有機ELパネルを発表か | Mogura VR - 国内外のVR/AR/MR最新情報

" この講演で発表されるディスプレイは、ピクセル数が18メガピクセル、サイズは4.3インチ、画素密度は1443ppi、リフレッシュレートは120Hzを実現するディスプレイであることが明らかになっています。最終的な解像度は不明ですが、有機ELの専門サイトであるOLED Infoによれば、解像度としては5500×3000程度を実現できる性能とされています。

 現行のVRヘッドセットを遥かに超えるVRヘッドセットの実現

 2018年現在、多くのVRヘッドセットの解像度は片目1K程度の解像度です。2017年末から2018年前半にかけて登場しているWindows MRヘッドセットのOdyssey(サムスン製、国内未発売)や、HTCのVive Proでも、片目の解像度は1440×1600ということを考えると、グーグルとLGのディスプレイはその数倍の解像度のVR体験を実現する可能性があります。"

Googleが1443ppiで120Hz駆動の4.3型VR用OLEDディスプレイを5月に発表見込み - Engadget 日本版.

"1443ppiという数字がすぐにイメージできませんが、GoogleのPixel 2が441ppi、Galaxy Note8で515ppi、iPhone Xが458ppiと考えれば、3倍近く高精細だとわかります。なお、VR用ではVIVE PROがディスプレイ1枚あたり3.5インチ 615ppiとなっています。"

 解像度が18Mピクセルということで、何とそれは他に比べて4〜9倍という高精細なものになっている(下のグラフ参照)。PS VRを試してみた時に、2.1Mピクセルということで画像がまだ荒いと感じたのであるが、それに対して約9倍というのは、相当にリアル感を補填できるのではないか。リフレッシュレートは、PS VRと同じ120Hz、VIVEの90Hzと比べると高いレートで、解像度とレスポンスが期待できそうである。

20180318_192022

 VRが3Dテレビのように一過性のものに終わらず、このまま、性能競争が続いて、VR酔いなどの起こらない、リアリティの再現とさらにはそれを超えるような超絶なリアルを体感させるようなものになるのを期待するものである。

◆関連リンク
Google and LGD developed a 1443 PPI 4.3" 120Hz VR AMOLED display | OLED-Info

"The new Google-designed display is a 4.3" 18Mp (1443 PPI, probably around 5500x3000 resolution) VR display featuring a refresh rate of 120 Hz. This will be the highest-density OLED display ever (not counting OLED-on-silicon microdisplays). Current VR AMOLEDs in production reach only about 600 PPI."

 こちらが元記事。
視力1.0のVR世界 70メガピクセルで実現する超高解像度のVR | Mogura VR - 国内外のVR/AR/MR最新情報.

"Varjo社はフィンランドのヘルシンキに拠点を置くスタートアップ企業です。同社はVRやMRといったいわゆるXR分野向けに画素数が70メガピクセルのディスプレイシステムを開発しています。これは現在市販されているOculus RiftやHTC Viveの約1.2メガピクセルと比べると圧倒的な高解像度ディスプレイです。チームメンバーの出身はマイクロソフト、インテル、NVIDIAやノキアといった会社から集まっており、8ヶ月前から独自の技術を開発し「20/20」と呼ばれるプロジェクトに取り組んでいます。(20/20は欧米で視力の程度を表わす表記、20/20は視力1.0と同じ。)"

◆当ブログ関連記事
■凄い! 3Dハンディカム HDR-TD10 裸眼3D対応 3.5型高解像度液晶モニター と iPhone 3D (^^)
■感想 プレイステーションによるヴァーチャル・リアリティ体験 PlayStation®VR

| | コメント (0)

« 2018年3月11日 - 2018年3月17日 | トップページ | 2018年3月25日 - 2018年3月31日 »