« 2018年6月17日 - 2018年6月23日 | トップページ | 2018年7月1日 - 2018年7月7日 »

2018年6月24日 - 2018年6月30日

2018.06.27

■VR動画 サルヴァドール・ダリ作品VR 「ダリの夢」Dreams of Dali: 360º Video


Dreams of Dali: 360º Video - YouTube

"Now also available worldwide for Oculus Rift & HTC Vive. Download Inception App:
https://inceptionvr.com/download/
Go inside and beyond Dali’s painting Archaeological Reminiscence of Millet’s Angelus and explore the world of the Surrealist master like never before in this mesmerizing 360° video. For an even more immersive experience, visit The Dali Museum in St. Petersburg, FL: the Virtual Reality experience is open daily from 11am-4pm (until 8pm on Thursdays) and is included with your admission to the Museum. For more, visit http://DreamsofDali.org

Oculus Rift&HTC Viveでもご利用いただけます。
Inceptionアプリケーションをダウンロード:
https://inceptionvr.com/download/
ダリの絵画ミレーの「晩鐘」の考古学的遺産の中を行き来し、この魅力的な360度のビデオでこれまでにないようにシュルレアリスムのマスターの世界を探索してください。 さらに臨場感あふれる体験をするには、フロリダ州セントピーターズバーグのダリ博物館を訪れてください。バーチャルリアリティ体験は毎日午前11時から午後4時まで(木曜日は午後8時まで)開かれ、博物館への入場に含まれます。 詳細については、
http://DreamsofDali.orgをご覧ください。"

オキュラスリフトで散策する、「ダリの夢」|WIRED.jp.

"仮想現実用ヘッドマウントディスプレイ「Oculus Rift」に対応した「ダリの夢」は、2016年6月12日(米国時間)まで開催予定の展覧会「Disney and Dalí: Architects of the Imagination(ディズニーとダリ:想像の建築)」で展示されている。"

 リンク先の動画をまずは観てください。
 ダリの索漠とした絵画世界をVRで体感できる360度映像。

 こんな世界に数時間彷徨ってみたいものです。でも、今後、10年くらいのうちにはそんな作品がいろいろと登場するでしょうね。VRの進化にはこれからこそ、強く期待します。

| | コメント (0)

2018.06.25

■感想 デイヴィッド・リンチ監督『ツイン・ピークス:リミテッド・イベント・シリーズ』特典映像 Twin Peaks Limited Event Series


7.4(水)「ツイン・ピークス:リミテッド・イベント・シリーズ」Blu-ray&DVDリリース! - YouTube.
 デヴィッド・リンチが全17話を監督した『ツイン・ピークス』第3シーズン、『ツイン・ピークス ザ・リターン』と呼ばれWOWOWで放映されていた作品が遂に日本でもブルーレイ、DVDとして7/4に発売される。

35898661_2019038665092384_516566488

 いち早くAmazon.co.jpで発売されている海外版 『 ツイン・ピークス The Return [Blu-ray リージョンフリー 日本語有り](輸入版) 』(タイトルがややこしいが、僕のところへ送られてきたのは『ツイン・ピークス:リミテッド・イベント・シリーズ』ドイツ版のパッケージだけど日本語 吹替/字幕も含まれているバージョン。この輸入版は値段が日本版の約半分と安いけれど、物によっては日本語版 吹替/字幕の入っていない物もあるようなので要注意です)を購入したので、その特典映像を中心に感想を記してみます。

『 ツイン・ピークス:リミテッド・イベント・シリーズ Blu-ray BOX』

"【特典】
▲デイヴィッド・リンチ製作のプロモ映像 ・ピアノ ・ドーナツ ・森 ・場所 ・人々 ・アルバート ・劇場公開版
▲「ツイン・ピークス」現象 ・パート1:誕生 ・パート2:打ち切り ・パート3:復活
▲コミコン 2017 ▲スタッフリスト
▲とてもすてきな夢:「ツイン・ピークス」の1週間
▲リチャード・ベイマー(ベンジャミン・ホーン役)の作品集
・リチャード・ベイマーからのコメント
・赤いカーテンの裏側
・デラドゥンで腐った牛乳を
▲RANCHO ROSA LOGOS
▲制作の舞台裏:フォトギャラリー
▲インプレッションズ:「ツイン・ピークス」舞台裏の旅
・逆立った白髪の男 ・言って マーティン ・2つの青いボール ・完成する数字 ・悪い双眼鏡 ・友よ 来世で会おう ・ヒッチハイカーを拾うな ・血だらけの指 ・ポーランド人の会計士 ・沸騰する油の鍋"

◆コミコン 2017

36038393_2019038948425689_451390228

 こちらはシーズン3放映途中に開催されたコミコン2017の会場での『ツイン・ピークス:リミテッド・イベント・シリーズ』出演者による作品について、そしてリンチについて語られる60分のパネルディスカッションの記録。

 旧作出演者の前作の思い出と新作での出演者およびスタッフとの再会の喜びの声。シーズン3で新たに合流したナオミ・ワッツ、ティム・ロス他のメンバーによるリンチ語り。いずれもアットホームなツイン・ピークスの撮影現場の雰囲気を伝えていて、ファンとしては嬉しい60分の記録である。

リチャード・ベイマー(ベンジャミン・ホーン役)の作品集「赤いカーテンの裏側」
 映画監督/脚本/アーティストとしても活躍しているリチャード・ベイマーによるメイキング動画。特にこの「赤いカーテンの裏側」、まさにあの部屋の裏側を活写した作品。ファンなら誰もが興味を持つあの空間の秘密が垣間見られてとても貴重な記録になっている。

Jason S.監督「Impressions: A Journey Behind the Scenes of Twin Peaks インプレッションズ : ツイン・ピークス 舞台裏の旅」 

36046213_2019039428425641_129541084

 ジョン・ニューエン監督 ドキュメンタリー『デイヴィッド・リンチ : ジ・アート・ライフ』 David Lynch: The Art Life" の製作も務めた Jason S.監督による10本のメイキング作品。

 約30分の10本は、それぞれが撮影風景のメイキングになっているのだけれど、その前後にアメリカ各地の空撮映像と独特のナレーションが組み込まれ、さらには撮影メイキング含め全体に独特の環境音楽が被されている。この音楽とアメリカの空撮で、単なるメイキングではなく、ひとつのアメリカを切り取った素晴らしい作品になっている。

35988441_2019039498425634_434532960

 リンチが制作した『ツイン・ピークス』がアメリカの歴史と現在をある種のデフォルメとして描いているのに、まさに共鳴するように作られた10本の作品。これはファンとしては撮影の状況を知るだけではなく、『ツイン・ピークス』リスペクトした映像作品として心して観るべき作品だろう。

 リンチリスペクトな作品であることは間違いないのだけれど、音楽もナレーションも独自の個性にあふれていて、新たな才能の作品としてもかなり楽しめます。

36176431_2019039415092309_265353661

 デビッド・リンチは撮影現場でとても紳士である、というのが今まであちこちで語られていたことだが、このメイキングはまるまるそのリンチの現場を、約5時間に渡って生々しく映し出した貴重な記録。

 この稀代の奇想監督の撮影手法を知りたいと思っていたリンチファンは必見だと思う。
 全体的にはとても穏やかなクリエイティブな現場の雰囲気がうかがえる。
 ただしさすがに5時間からの記録には、ギリギリの環境で苛立っているリンチの姿も残酷に記録されている。

35963667_2019039411758976_437660540

 たとえば、グレート・ノーザン・ホテルのシーンで、2日間しかスタジオ撮影の日程が組まれていない中で撮影は無理だと苛立ちを露わにするリンチ。大勢のスタッフで埋め尽くされたセットで不要な人間は出て行ってくれと怒るリンチ。撮影シーンに意見されて強くそれを否定するリンチ等。

 という恵まれてはいたはずだがそれでも厳しい状況もあった現場の、一種極限的なシーンは別にして、終始リンチの落ち着いた演出風景がこの10本の約30分の各ドキュメンタリー作品には記録されている。
 特に印象的だったのは、リンチの頭の中にあるイメージを彼が現場で口頭で説明しているシーン。

36053097_2019040261758891_847137197

 特にここで描かれているクーパーがニューヨークのあのガラスの箱に現れる前の空中を浮遊するシーン。
 リンチは自分の中にあるイメージを自らの体で表現し、スタッフと役者に伝えていく。まさに奇想監督のイメージが俳優の体とセットを使って、スタッフによって映像として定着されていく貴重なシーンである。

36002463_2019040325092218_797178626

 ここでわかるのは、リンチは相当に具体的に自分の欲しい映像をイメージとして予め持っていて、まさに撮影現場ではそれが的確に俳優とスタッフによって画となっていく、というところである。どこでも絵コンテというものが示されていない。時々リンチによって現場でスケッチされるのは、セットと俳優とカメラの位置を示したものだけ。それを書きながらシーン/カットのイメージを語っていくリンチ。
 そして時にリンチは、俳優のメーキャップ、セットの着色、粘土細工を自らのアーティストとしてのその手で作り出していく。
 こうして我らがデイヴィッド・リンチの映画は創造されていく過程が見事に記録されているのである。

◆関連リンク
『ツイン・ピークス』新作Blu-rayの特典内容が判明 約5時間の舞台裏映像も - 映画・映像ニュース : CINRA.NET

" 数量限定生産となるBlu-rayボックスは約8時間におよぶ特典映像を含む8枚組。特典映像は、昨年7月にサンディエゴの『コミコン・インターナショナル』で行なわれた『ツイン・ピークス』のトークセッションを約61分にわたって完全収録した『コミコン2017』や、カイル・マクラクランとリンチが撮影初日に再会を喜ぶ様子も映したドキュメンタリー映像、「赤い部屋」の撮影現場を記録し、「逆言葉」の撮影秘話などが明かされる『リチャード・ベイマー(ベンジャミン・ホーン役)の作品集』、約5時間におよぶメイキングドキュメンタリーなどで構成される。

 『インプレッションズ:「ツイン・ピークス」舞台裏の旅』と題されたメイキングドキュメンタリーには、シェリル・リー、シェリリン・フェンとリンチとのオフショットや、リンチがティム・ロスやジェームズ・ベルーシに電話で役どころを説明する姿、裕木奈江に演技指導をする様子、ナオミ・ワッツやカイル・マクラクランのオールアップ時の映像などを収録。
 9枚組となるDVDボックスには、Blu-rayに収録される特典映像の一部が収められる。"

・Twin Peaks: A Limited Event Series On Blu-ray & DVD, Complete Special Feature Breakdown & Pre-Order Details.

"Ten short films with behind-the-scenes footage directed by Jason S. who was given unparalleled access to document the making of the series. Watch a preview clip here.

The Man with the Grey Elevated Hair (29:40)
Tell it Martin (29:08)
Two Blue Balls (24:14)
The Number of Completion (29:17)
Bad Binoculars (28:08)
See You on the Other Side Dear Friend (30:00)
Do Not Pick Up Hitchhikers (26:44)
A Bloody Finger in Your Mouth (26:49)
The Polish Accountant (28:05)
A Pot of Boiling Oil (38:32)"

『 ツイン・ピークス The Return [Blu-ray リージョンフリー 日本語有り](輸入版) 』 

・Impressions: A Journey Behind the Scenes of Twin Peaks | Twin Peaks Wiki | FANDOM powered by Wikia.
Jason S. - IMDb

| | コメント (0)

« 2018年6月17日 - 2018年6月23日 | トップページ | 2018年7月1日 - 2018年7月7日 »