« 2018年9月23日 - 2018年9月29日 | トップページ | 2018年10月7日 - 2018年10月13日 »

2018年9月30日 - 2018年10月6日

2018.10.05

■感想 ザック・スナイダー/ジョス・ウェドン監督『ジャスティス・リーグ』


映画『ジャスティス・リーグ』特別映像【HD】2017年11月23日(祝・木)公開 - YouTube

 ザック・スナイダー/ジョス・ウェドン監督『ジャスティス・リーグ』WOWOW録画初見。

 ヒーロー映画らしい構造で気持ちよく見せてくれました。

20180930_194128

 ガル・ガドットのワンダー・ウーマンの美しさととりわけ笑顔が素晴らしい。この映画の気持ちよさの半分は彼女の笑顔によるものではないかという位。あのアナクロなコスチュームでこのインパクトなのだから、現代的な装いでのアクションものに登場したら、と考えると恐ろしい(^^;)。

 『アベンジャーズ』ほどのインフレがなくコンパクトに収めているため、最強のヒーローの登場が痛快。もちろんインフレを極めていくマーベルも大好きだけれど、こうした小気味好いコンパクトなまとめ方も大好きです。

 圧倒的なパワーの爆発を見せるには、こんな描き方がまさに効果的。

Justice_league_film_poster

 CGにしても、ところどころかなり荒いところがあったけれど(アマゾンの島の空撮ショットとか、、、)、ほとんど気にならない。映画の不思議は、各シーンの完成度が100%でなくても全体としての効果に貢献していれば、シーンごとの出来はそんなに気にならないというところ。(そんなことはその究極の『カメラを止めるな』をみればすぐわかりますw)。

 インフレ化している大作の世界も、こんな割り切りで、全体の構造、シナリオの練り込みに時間をかけて、適度なコストでさらに傑作が量産されることを望むものです。

◆関連リンク
ジャスティス・リーグ (映画) - Wikipedia

"ジョス・ウェドンが監督した劇場版とザック・スナイダーが監督したオリジナル版では演出や脚本の内容が異なっており、上映時間が劇場公開版では約50分ほどカットされている"

 いずれザック・スナイダー単独監督版も観てみたいものです。
ザック・スナイダー/ジョス・ウェドン監督『ジャスティス・リーグ 4K ULTRA HD&3D&2Dブルーレイ』(Amazon)
ザック・スナイダー/ジョス・ウェドン監督『ジャスティス・リーグ 3D&2Dブルーレイ』(Amazon)
 3Dも是非入手してみたいものです。

| | コメント (0)

2018.10.03

■感想 黒沢清監督『予兆 散歩する侵略者 劇場版』


映画『予兆 散歩する侵略者 劇場版』予告編 - YouTube

" 「もうすぐ世界が終わるとしたらどうする?」
 《概念》を奪う「侵略者」はほかにもいた。 映画『散歩する侵略者』から生まれた恐怖と驚愕の侵略サスペンス。
  「侵略者」がやってきたそのとき、別の街では何が起きていたのか? 黒沢のそんな着想から生まれた本作では、新たな設定、キャストでアナザーストーリーが語られてゆく。
 黒沢に「神がかった熱演」と言わしめた彼らの演技から目が離せない。 常軌を逸していく世界で、ただひとつ揺らがないものとは― 今、新たな物語が始まる。 "

『予兆 散歩する侵略者 劇場版』公式サイト

" ほぼ三人だけのキャストで、侵略の予兆というテーマに挑みました。ごく身近な人間が、家庭や職場が、世界全体がゆっくりと確実に変貌していきます。やがて誰もいなくなった街の中で、夏帆さん演じる主人公は何と直面し、どのような決意を持って先に進んでいくのでしょうか。壮大で身の毛のよだつ出来事が、可能な限りリアルに描写されています。"

 同じ黒澤清監督による映画『散歩する侵略者』のスピンオフドラマ(WOWOWで放映)を映画版としてまとめて公開したもの。ドラマでは40分×1回+30分×4回であったものを140分にまとめてある。ドラマ版を先に観ているが、ほとんど内容としては同じと思う。ただし各話の OP, ED がなくなり違和感なく繋がれた連続した140分の作品として、緊迫度と不穏さは増しているように思う。

20180930_191232

 この作品のポイントは、概念を奪うということの不気味さと、侵略の"予兆"が漂う日本のなんでもない光景の持つ異様さである。
 なんどか黒沢清映画の感想で書いている、通常の日本のなんでもない日常を写した映像に付与される不穏な空気感。光と影、そして画面レイアウトで醸し出される黒沢映画独特のそんな空気感が最大限に発揮された素晴らしく、不安さを湛えた侵略の予兆を描いた傑作といえよう。

 『ウルトラQ』等のウルトラシリーズで描かれていた侵略の恐怖、それを現代のリアルな空間で最大限再現し、そしてそれを見事にブローアップして見せた黒沢清と脚本の高橋洋の手腕の凄み。

 東出昌大のまさに異界から来たような幽玄なサイコ演技はもちろんだけれど、それを受け止める日本の良識的リアルを体現している夏帆の芝居、そしてその狭間で異界へだんだん取り込まれていく様を見事に演じている染谷将太。

 この3人の演技と日常の切り取り方だけでここまでの侵略ものの前哨を不気味に描いた映画は、リアルSF映画好きには超お薦めです。

 週末に来襲した台風24号が現在我が地方にも迫っていますが、そんな不穏な空気の中、映画を観終わって見上げた空は、まさにこの映画のラストと強く共鳴していました。

◆関連リンク
前川知大『散歩する侵略者』(Amazon)

"海に近い町に住む、真治と鳴海の夫婦。真治は数日間の行方不明の後、まるで別の人格になって帰って来た。素直で穏やか、でもどこかちぐはぐで話が通じない。不仲だった夫の変化に戸惑う鳴海を置いて、真治は毎日散歩に出かける。町では一家惨殺事件が発生し、奇妙な現象が頻発。取材に訪れたジャーナリストの桜井は、“侵略者”の影を見る―。再演を重ねる人気舞台を、劇作家自ら小説に。黒沢清監督による映画化原作。"

前川知大『 DVD 演劇 イキウメ 散歩する侵略者』(Amazon)
 原案、原作となった演劇のDVD。これは是非観てみたい。演劇の限られた空間であの不気味さがどう表現されているか、観たくてたまらないです。
黒沢清監督『散歩する侵略者』(Amazon)
黒沢清監督『予兆 散歩する侵略者』(Amazon)

| | コメント (0)

2018.10.01

■情報 ハイエンド一体型VRヘッドセット「Oculus Quest」


Oculus Quest -- VR Done Right? - YouTube

ハイエンド一体型VRヘッドセット「Oculus Quest」発表、399ドルで来春発売 | Mogura VR - 国内外のVR/AR/MR最新情報

"Oculusは、アメリカ・サンノゼにて開催中のイベントOculus Connect 5の基調講演にて、新たな一体型VRヘッドセット「Oculus Quest(オキュラス・クエスト)」を発表しました。発売時期は来春(2019年春)を予定しており、価格は64GBモデルが399ドル(約45,000円)。PCやスマートフォンを使わずに、身体や手を動かすことのできる没入感の高いVR体験が可能となります。"

Oculus Quest | Oculus(公式HP)

"Oculusは、アメリカ・サンノゼにて開催中のイベントOculus Connect 5の基調講演にて、新たな一体型VRヘッドセット「Oculus Quest(オキュラス・クエスト)」を発表しました。発売時期は来春(2019年春)を予定しており、価格は64GBモデルが399ドル(約45,000円)。PCやスマートフォンを使わずに、身体や手を動かすことのできる没入感の高いVR体験が可能となります。"

 Facebookのザッカーバーグがやってくれました。これだけワクワクするITガジェットの発表は久しく聞いたことがないというくらい。

 先日レビューした現行のスタンドアローン機 Oculus Goは、両眼で2560×1440のWGHD液晶パネル、なので、3割ほど高精細。しかもこちらは6Dof(自由度)で手の動きと頭の動きを捉えて、VR空間の中を動き回ることが可能。


Vader Immortal - YouTube

ダース・ベイダーがテーマのVR体験三部作「Vader Immortal」発表 Oculus Quest向け | Mogura VR - 国内外のVR/AR/MR最新情報

 6Dofだからできるこういうアプリがキラーコンテンツになるのかな。
 もちろんライトセーバーを振り回して、ダースベーダーと相見えることが可能です。

20180930_201639

MoguraVR Twitter

 Oculus Questで実現するMR環境。現実がVRの中でも見えるようです。
“Dead and Buriedでは、実際の世界にある段ボールを障害物として銃撃戦を行なうが、ハンドコントローラのAボタンを押しっぱなしにすることで、現実世界とVR世界を混ぜたものを「見る」ことができた。その映像は撮影できないので実物をお見せできないのが残念なのだが、段ボールの模様や縁、自分の手や体が「輪郭強調された白黒の低解像度映像」のように見えて、そこに、CGが重なるべき部分にグリーンなどの色のマーカーが見えた。実空間でのゲームの安全性を確保するものとして実装されていた機能だが、この先に「MR技術によるデスクトップがある」のは明白だ。”
 MRで映し出せる実景部分は「輪郭強調された白黒の低解像度映像」とのこと。カメラ映像を点群で処理したもののようです。 リアルな実写にVRの映像を重畳させる電脳コイル世界を実現するにはSOCの処理速度の桁がいくつか上がらないと無理なのかな。それとも今回の画像センサの解像度の問題なのか…。

"Oculus Goは、両眼で2560×1440のWGHD液晶パネルを備えています。リフレッシュレートは60Hzか72Hzで動作。プロセッサにはVR対応したSnapdragon821を採用しています。Snapdragon821は、2016年のプロセッサですが、高品質な描画を低負荷で処理するために「Fixed Forbiated Rendering」という独自技術で補っています。"

| | コメント (0)

« 2018年9月23日 - 2018年9月29日 | トップページ | 2018年10月7日 - 2018年10月13日 »