« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月

2019.04.24

■感想 「歌川国芳の時代」展 @ 恵那市 中山道広重美術館

56973984_2233777943618454_72825391683437
「歌川国芳の時代」展@恵那市 中山道広重美術館

 "2019年4月4日(木曜日)から6月9日(日曜日)
 前期…4月4日(木曜日)から5月6日(月曜・振替休日)
 後期…5月10日(金曜日)から6月9日(日曜日)"

 今年二度目の歌川国芳を恵那市で見てきた。今回は、奇想画ではなく、中山道の宿場町を描いたもの。伏見とか美濃加茂とか知った町の絵があるのも嬉しい。と言いつつ、絵の内容はほとんど連想ゲームで例えば伏見は同じ町の名の京都伏見を描いたもので、なんら岐阜の町とは関係がない。

56935195_2233777893618459_58204520879761

 この中山道広重美術館、一般客がその場で浮世絵体験できるのが楽しい。生まれて初めての浮世絵 制作体験してきました。
 写真の左右の二枚が、僕が刷り師として仕上げたもの。バレンというものを小学校以来で使った気がする(^^)。本物の浮世絵と違い、プラスティックの刷り板に絵があらかじめ掘られていて、そこに色インクを自分で付けて、多重刷りをするというもの。

56890352_2233777853618463_77681571618587

 その一連の工程をできるのが4作分あり、そのうちの2作を試してみました。
 一枚づつ紙の位置を合わせて、バレンで紙の上から刷りつけると上記のような絵が、僕のような初心者にも刷れるようになっているわけ。
 子供でもできるため、体験としてはなかなかいいものだと思います。

 できることなら、次ぎは奇想画を刷ってみたいものです。

 最後の写真の右の装置は、AR展示。
 一人づつこの装置を覗くと、この装置の前にディスプレイされた江戸の町と浮世絵の上に、ARで江戸の人々が映し出されるというわけ。
 極めてシンプルな展示ですが、なかなか面白いものでした。やはりこうした方向のものは、かなり広大な未来の展望がありそうです。

| | コメント (0)

2019.04.22

■感想 「大徳寺龍光院 国宝 曜変天目と破草鞋」@ミホ・ミュージアム 滋賀県信楽

00-0d75ccfad59c2fee21d26f6985281030
「大徳寺龍光院 国宝 曜変天目と破草鞋」

"会期 2019年3月21日(木) - 5月19日(日)
開館時間 午前10時~午後5時 (入館は午後4時まで)
休館日 月曜日 ※4月29日(月)、5月6日(月)は開館 4月30日(火)、5月7日(火)は休館"

 「大徳寺龍光院 国宝曜変天目と破草鞋(はそうあい)」展@MIHO MUSEUM、観てきました。
 ゴールデンウィークで混む前にと思い、4/20土曜の15時くらいに行って約45分待ち。美術館に入場して、曜変天目の展示会場前で30分、会場に入ってそこから奥に置かれた曜変天目のところまでの行列で15分待ち。

 世界に3つしか存在しないという曜変天目の宇宙を拝んできました。

01-58382151_2238666229796292_54256183686
 ちょうど美術館構内のしだれ桜も満開で桃源郷にブラックホールを観る想い(^^)。美術館手前のしだれ桜は、美術館専用の歩道のトンネルの中から観た光景がまた素晴らしいものでした。半円形の望遠鏡から覗く景色。

02-57174847_2238666383129610_37300710180
 展示タイトルの「曜変天目と破草鞋」は、会場前にあった説明書き(上写真)によると、貴重すぎて値の付けようのない「曜変天目」は「破草鞋」 (やぶれたぞうり)と同じであるという禅的解釈から来ているとのこと。
 「破草鞋」も展示されていると期待したのだけれど、美術館の方に尋ねると、それは雰囲気を味わってほしい、ということで実物の展示はされていないとのこと。残念!! w

◆関連リンク
【音声配信】「その輝きは、まるで宇宙!?世界に3つしか現存しない国宝『曜変天目』
 その秘密と魅力に迫る!」荻上チキ×橋本麻里×長谷川祥子▼2019年4月12日(金)放送分(TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」平日22時~)

| | コメント (0)

2019.04.15

■動画 イジー・ブルデチュカ : Jirí Brdecka監督『川沿いの精米業者 : Jsouc na řece mlynář jeden』 エヴァ・シュヴァンクマイエロヴァーデザイン

Jsouc na řece mlynář jeden (animovaný), 1971

"この映画は、20年後に帰国した兵士の恐ろしい話を物語っていますが、彼の両親は彼を認めず、彼を奪って殺害しました。彼らが彼らの過ちを理解するとき、彼らはまた彼らの命を取ります。 EvaŠvankmajerováが芸術家として働いていた映画では、昔の店主の魔法と彼らの素朴な絵の伴奏が活気づきました。" (Googleチェコ語翻訳)

 エヴァ・シュヴァンクマイエロバーの参加したチェコのショートフィルム。
 彼女とヤン・シュヴァンクマイエルの息子さんであるアーティスト ヴァーツラフ・シュヴァンクマイエルさんがFacebookで書かれた紹介記事から知りました。

 チェコ語のみのため細部はわかりませんが、シンプルな物語で絵を中心にまとめられているため、ストーリーはほぼ理解できます。
 残酷な物語が、エヴァさんの独特の絵で描かれていて、不気味で怖い物語ですが、どこか滑稽さを湛えていて、興味深いです。クレジットではよくわかりませんが、今まで彼女の絵画や、シュヴァンクマイエル監督作で彼女が美術パートを担当された作品を見てきた作風の理解からは、この短篇の絵のベースは彼女のものと考えられる。
 両親の耳の穴から現れる悪魔の姿とか、チェコの女性シュルレアリストの独特のタッチで迫力を持って描かれている。
 ファンの方は、一見の価値あり、と思います。

◆関連リンク
・Jsouc na řece mlynář jeden (1971) | ČSFD.cz

"アニメ/ショート/ホラー
チェコスロバキア、 1971年 、10分
監督: Jiří Brdečka
シナリオ: Jiří Brdečka
カメラ: ボリス・バロミキン 、 ズデンカ・ハドヴァ
音楽: ジジ・コラファ
主演: ミロシュ・コペッキーとイワン・ルケシュ"

・Jsouc na rece mlynár jeden (1971) - IMDb

" 昔の民謡を基にした写真は、20年後に帰国した兵士についての恐ろしい話を私たちに伝えています。 彼の両親は彼を認識しません、彼らは彼を奪って殺します。 彼らが真実を知った後に、彼らも自分自身を殺します。 絵は古代の歌と彼らの素朴なイラストの魅力を復活させます。"

Eva Svankmajerová IMDb
Eva Svankmajerová wikipedia
Jirí Brdecka IMDb

・当ブログ エヴァ・シュヴァンクマイエロヴァー関連記事

| | コメント (0)

2019.04.08

■情報 大須シネマ オープン

20190407-193912down
大須シネマ(公式HP)

 名古屋人が昭和を体感できる町、大須に映画館ができたので、簡単にご紹介します。
 大須シネマ、3/31のオープニングは、粟津順監督作品「惑星大怪獣ネガドン」「プランゼット」も上映されたようです。
 4月の公開作品はリンク先に詳細がありますが、主要作品は以下の4作品。レトロな大須に似合う映画から、最新作でなかなか映画館でみられない作品まで、まずは4月はバラエティに富んだラインナップになっています。
20190407-205208
 新しい映画館ということで、ワクワクします。
 この映画館、「世界の山ちゃん」が併設されているということで、手羽先を食べながら映画が観られるという新機軸もあって、近いうちに一度、見にいく予定ですw。

| | コメント (0)

2019.04.03

■感想 パティ・ジェンキンス監督『モンスター』

 "Monster" Trailer

 パティ・ジェンキンス監督『モンスター』(2003) WOWOW録画初見。
 録り貯めたブルーレイからランダムにタイトルからだけで選んで観た映画で実は事前情報ゼロw。  ヘビーな内容にグッと来て、エンドタイトルで主役がシャーリーズ・セロンであることを知る(!)。

 荒んだ40代のぴったりの女優をどこで連れてきたんだろう、とボケたことを考えていたので吃驚。さらにネット検索して、なんとこの作品でアカデミー主演女優賞受賞。1975年生まれなので、この作品の時点では28歳! 体重を13kg増やして撮影に臨んだとのことだけれど、トイレで身体を洗うシーンとか、体のたるみ含めて人生に疲れきった四十代にしか見えないので、改めてその女優魂の凄さに驚愕。『マッドマックス フューリーロード』『アトミック・ブロンド』と同じ女優さんとはとても思えない。
Therone-wuornosside
左から実在した本作のモデル アイリーン・ウォーノス 、セロン演じるアイリーン、セロン、『マッドマックス』フェリオサ。

 この映画は、実在した殺人犯を実録で描いた作品とのことだけれど、育ちの環境により底の底まで落ちていく主人公の姿がまさにリアルに迫ってくる迫真の作品。

 特にラストのにがさはかなりのレベル。この救われなさ感はちょっと他にないのではというレベル。モデルとなったアイリーン・ウォーノスのドキュメンタリーもあるとのこと、しかも彼女の発言として、キリストの磔される時の気持ちがよく分かるとか、相当レベルのサイコな内容になっているとのことで、こちらも是非一回見てみたいと思う。

 監督は『ワンダーウーマン』が2作目の長編となるパティ・ジェンキンス監督の第一回監督作品。こんな女性テーマの作品を撮る監督だからこそ『ワンダーウーマン』のあの世界が撮れたのかもしれない。それにしても14年前のこの作品の次に『ワンダーウーマン』を撮らせた製作陣も凄い。

 今年公開予定の同監督の第三作『ワンダーウーマン1984』もさらに凄く楽しみになりました。

| | コメント (0)

2019.04.01

■感想 トラヴィス・ナイト監督『バンブルビー』

 

『バンブルビー』日本版予告

 トラヴィス・ナイト監督『バンブルビー 』IMAX 3D@109シネマズ名古屋、3本目のレーザーIMAXで鑑賞。

 主人公とバンブルビーの成長物語として、とても気持ちの良い作品。物語はトランスフォーマーと人類の出会いでバンブルビーが人間と関わる話なので、どこか第1作を思い出させる。

 トラヴィス・ナイト監督、あのライカのCEOで、『コララインとボタンの魔女』のリードアニメーター、『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』の監督等、的確な人物描写でファンタジー作品を作り上げてきた手腕は、この初実写作品でも健在で、荒唐無稽のオモチャ的世界であるトランスフォーマーワールドを、アメリカの80年代にうまく着地させ、地に足のついた物語として描き出している。
 
 そして3D映像がとても良かった。

20190331-173427

 人間とバンブルビー の大きさの差が適度で、両者がワンカットに収まるショットの立体感が素晴らしい。いくつもその臨場感にため息をつくシーンがあった。

 3本目のレーザーIMAX、今回はいつもの前から1,2列目(E,F列)でなく、5列目(I列)で観たのだけれど、音響は今まで以上に良かった。この辺りに音空間はチューニングされてるんでしょうね。巨大金属体のぶつかり合う硬質音が素晴らしい臨場感。今度からこの辺りの席かな(^^)。

| | コメント (0)

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »