« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

2019年8月

2019.08.28

■感想 パク・チャヌク監督『渇き』


映画『渇き』予告編

" 2010年2月27日(土)より。
 人体実験によってバンパイアになった牧師と人妻との禁断の情事を叙情的かつ暴力的に描くスリラー作品。『オールドボーイ』のパク・チャヌク監督がメガホンを取り、2009年カンヌ国際映画祭の審査員賞を受賞。敬虔(けいけん)な神父から一変、血と欲望のとりこになるバンパイアを『シークレット・サンシャイン』の韓国の演技派俳優ソン・ガンホが演じる。人間の業を鋭くえぐり出しながら、ところどころにユーモアなどを織り交ぜた独特の世界観を楽しみたい。"

 前知識なしにWOWOW録画で観たのだけれど、これはなかなかの傑作ですね。
 韓国映画が苦手でパク・チャヌク監督作は『お嬢さん』のみしか観てないので、お恥ずかしい限りなのですが、奇跡 / 神 / 吸血鬼の合わせ技でこのような奇想映画を撮ってしまうとは、並々ならぬ才能ですね。

 猟奇とコメディと宗教というと、日本では園子温監督を思い浮かべてしまうのだけれど、『愛のむきだし』ミーツ『冷たい熱帯魚』みたいな作風ですね。要するに強烈で妙な笑いを誘発する、というか。だけれども人の想いがピュアだったり、、、。その監督には『東京ヴァンパイアホテル』という吸血鬼ものの怪作があるけれど、SF的情景としては、本作のラストシーンの素晴らしい朝焼けシーンには遠く敵わないかも。というくらい、このラストシーンは痺れました。

 ソン・ガンホが『グエムル-漢江の怪物-』『タクシー運転手 約束は海を越えて』での役柄とはかなり趣を変えて(どちらかというと二枚目寄り)、ハードでブラックコメディなバンパイヤ役を見事に演じている。黒でまとめた様相は、ある種、かっこいいとも言える。パク・チャヌク監督の造形力だろうか。

 エンドクレジットにエミール・ゾラ『テレーズ・ラカン』 にインスパイアされたとあるが、以下のようなストーリー。

エミール・ゾラ『テレーズ・ラカン』

"湿っぽく薄汚れたパリの裏街。活気のない単調な日々の暮しに満足しきっている夫と義母。テレーズにとって息のつまるような毎日だが、逃れる術とてなかった。だが彼女の血にひそむ情熱の炎はそのはけ口を見出せぬまま、ますます暗い輝きを増してゆくのだった。そうしたある日、はじめて出会った夫の友人ローランにテレーズのまなざしは燃える。"

 まさにテジュの家族設定に活かされているのですね。
 最後にヒロイン テジュを演じたキム・オクビンの妖しい美しさが本作の白眉、と書いて、本稿を終えたいと思います(ただ好きな女優さんになったというだけですw)。

| | コメント (0)

2019.08.26

■感想 ジョン・ワッツ監督『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』


『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』日本版特報|Spider-Man: Far From Home Trailer
 ジョン・ワッツ監督『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』@ ミッドランドスクエアシネマ名古屋空港、吹替版観てきた。
『エンドゲーム』後のMCUを見事に描いた快活な物語に拍手喝采。あの後をこう継いで行くケヴィン・ファイギとジョン・ワッツの手なみに唸らされます。

 ちょうどこのお盆休みに『ザ・ボーイズ』シーズン1の8本@ Amazonプライムビデオ を観終わった後だったので、MCUがどんな風に観れるのかも期待/不安だったのだけれど、ヒーローの虚構性とヒーロー未満のスパイダーマンを描くことで、見事に『ザ・ボーイズ』後のヒーロー像も垣間見せていた傑作でした(^^)。

スパイダーマン、MCUからの離脱をソニー・ピクチャーズがTwitterで公表

" ソニー・ピクチャーズはTwitterで「本日のスパイダーマンについてのニュースは、ケヴィン・ファイギがフランチャイズ(の製作)に参加していることについての最近の協議で生じました。残念ではありますが、スパイダーマンの次回の実写映画に彼が総合プロデューサーとして続投させることができないというディズニー側の決定を尊重します」と声明を公表している。"

 先週、このニュースが流れましたが、これが本当だとしたら残念です。特にアベンジャーズからのスパイダーマンの不在は寂しすぎます。
 ただ映画ファンとしては、ケヴィン・ファイギのマーベル映画での貢献度合いが知りたいので、スパイダーマン マイナス ファイギで作られた映画が今までとどう変容するか/しないかで確認できるという楽しみができたと思って、諦めるしかないですね。

| | コメント (0)

2019.08.21

■感想 平野暁臣編著『太陽の塔』

67957347_2328232527506328_94921878207987  
平野暁臣編著『太陽の塔』(小学館 公式HP)

"再生を果たした太陽の塔の真髄に迫る
2018年3月に恒久的なミュージアムに生まれ変わる太陽の塔。
 既刊『岡本太郎と太陽の塔』とおなじく、貴重なヴィジュアル資料を豊富に収録するとともに、新たに発掘された種々の秘蔵史料を初公開。太陽の塔の制作状況を時系列で追った250枚におよぶ「実録・太陽の塔」をはじめ、本書が備える高い資料価値は、一般読者のみならず図書館や学校、研究者等の期待にも応える内容となっています。また、今回の「太陽の塔再生プロジェクト」を指揮した著者自らが著すプロジェクトの記録は後世に残すべき資料となりました。
 さらに建築家・磯崎新、作家・森見登美彦、文芸批評家・安藤礼二の論考も収録。多面的な角度から太陽の塔を読み解くヒントを満載しています。"

 平野暁臣編著『太陽の塔』読了。先日の太陽の塔の内部見学の衝撃から、建造当時の様子を知りたくて読んでみた。多数の当時の写真と平野暁臣氏による渾身の長文レポート「実録・太陽の塔」が素晴らしい。

68328555_2328232654172982_39042408882886
 写真で特に興味深かったのは、現在のリビルドで再生されなかった地下空間と空中展示の概要がわかったこと。それぞれ、人の原初的な無意識領域と進歩の先の未来を描いた展示で、中間の太陽の塔と生命の樹をセットで本来の万博テーマ空間が表現されているわけで、見学できた部分に組み合わせてイメージすることで、岡本太郎の構想にちょっとだけ近づくことができた感触。

68437758_2328232574172990_54366059000454  
 平野暁臣氏の「実録・太陽の塔」は、岡本太郎の著作や対談、当時の公式記録、新聞記事、岡本敏子さんのメモ等から丹念に時系列でドキュメントとして描き出した労作。コンセプトの誕生から、岡本太郎のテーマ館プロデューサー就任の過程、精力的な組織編成と世界を飛び回ってのプロデュースの生々しい再現。まさに岡本太郎の強い想いの具現化の軌跡がトレースできて、より立体的に太陽の塔の全体像に近づくことができる。

◆関連リンク
平野暁臣さんに聞く『太陽の塔』と『明日の神話』のストーリー(ほぼ日)

| | コメント (0)

2019.08.19

■レポート 太陽の塔イルミネーションと生命の樹公開

67729520_2323695587960022_31830198910661
 太陽の塔イルミネーションと内部公開を、8/10に見学してきました。
 2018年3月の内部公開からずっと行きたかったのですが、お盆休みの3-4日前に予約サイトを見たら、夜の部が空いていたので、予約して出かけました。ちょうど夜間のイルミネーションイベントもやっていて、8/25までがお薦めです。

 太陽の塔オフィシャルサイト「太陽の塔」入館予約はこちらから。

 イルミネーションについては、こちらに情報。

"2019年7月20日(土曜日)から8月25日(日曜日)
※水曜日定休(8月14日(水曜日)は開園)

毎年恒例となった幻想的な光の祭宴を、今年は期間を大幅に延長して開催。会場全体をミラーボールの輝きでライトアップし、太陽の塔とのコラボレーションで夏の夜を華やかに彩ります。"

67757079_2323695707960010_81680763629516
 内部の「生命の樹」は、1970年の万博での展示をできるだけ再現したもの。地下展示空間は埋められてしまい、上部の大屋根も撤去されてしまっているため、当時のテーマ館の展示のうち、現在見られるのは、「太陽の塔」とその内部にある生命進化をディスプレイした「生命の樹」、そして地下で展示されていた「地底の太陽」と民俗学的な仮面を配し地下展示のエッセンスを示した導入部のみである。

67761610_2323695734626674_85345878824871
 地下展示のうちの「地底の太陽」と仮面展示は、「生命の樹」のある太陽の塔内部へ誘導する通路の短い空間に展示されている。
 当時の地下空間の「いのち」「ひと」「こころ」と名付けられた空間の雰囲気をこれらの造形物と、「地底の太陽」へのプロジェクションマッピングの映像で再現している。再現度合いは、、、当時、小学生で万博自体へは1日だけ行ったけれど、こうした有名展示はひとつも見ていない(父親が並ぶのが大嫌いな人で、大ものの展示は一切見ていないw)僕には、どの程度、当時の雰囲気が再現されているのかは比較のしようがない。

67823328_2323695491293365_58705237787856
 そして「生命の樹」のサイケデリックな色彩に頭がクラクラ。ここは、撮ってきた写真で見ているより、素晴らしい照明効果です。
 写真だけでなく、造形物を記録するため、しっかり3Dハンディカムで立体視映像撮ってきました(^^)。

 内部の広大な空間は、見学では階段で登れるのは、腕のある30mのところまで。頭までは70mということで、その巨大感が実感出来ました。

 あとネットに情報がなく心配してましたが、内部はエアコンが効いて快適な空間でした(いわゆる屋外用スポットクーラー的なものでしたが、なかなか涼しい) ので、後続を検討されている方のためにここに記しておきます。

 イルミネーションの動画は、Facebookのページに掲載しましたので、こちらのリンクでご覧ください

67953117_2323695851293329_29630979847550

 「太陽の塔」の"べらぼう"さに今だ興奮冷めやらない。
 今回、万博から数えて4度目の邂逅だったのだが、いつ見ても記憶の中のイメージを凌駕する大きさに感動。あの造形物の巨大な迫力は、まさに人類の作り上げた巨大で素晴らしいもののひとつだと思います。世界遺産のひとつとして登録はできないものだろうか。

 今回、内部に入ることで強く実感したのは、これは巨大彫刻、造形美術品という視点だけでなく、まさしく巨大建築であるということ。
 内部に人が入って行けて、その中で人が活動できることから、これは紛れもない巨大建築物でもあるわけです。改修プロジェクトを担当した昭和設計のページには、「工作物」から「建築」への変貌の推移も描かれている。

"1970年「大阪万博」の際、岡本太郎によりデザインされた太陽の塔の改修プロジェクトである。建築基準法上工作物扱いのため閉幕後は内部への立入りが不可能であったが、一般の方が入場可能な展示施設として機能させ、当時の空間を蘇らせることが今回のプロジェクトの最大の目的であった。
 耐震性能が不足していた塔は、腕より下は内側に鉄筋コンクリートの壁200mmの増打ち補強を行った。腕より上部は補強箇所が内外から一切分からないよう鉄骨補強を行い、塔内最上部のホリゾントの裏に隠しながら、万博当時の空間演出と耐震補強を両立させた。ホリゾント上部には機械排煙機を見えない位置に据え、全館避難安全検証法により密閉空間での火災に対しての安全性を確保した。"

 特に建築構造物として素晴らしく痺れさせてくれたのが、腕の内部構造。LED照明の赤と青の光で照らされた鉄骨の美しい形状は建築ファンも必見でしょう。
 元々の太陽の塔の建築物語をしっかりと読んでみたいものです。(今週のもう一本の記事でその本の感想をレポート予定)

◆関連リンク
「太陽の塔」腕の中には階段が入っている! その構造がまるでSF映画のような未来感

Reboot よみがえる太陽の塔
 これらのふたつのページに、素晴らしい写真が紹介されています。

| | コメント (0)

2019.08.07

■感想 「小松美羽展 DIVINE SPIRIT 〜神獣の世界〜」@ 一宮市三岸節子記念美術館

67764161_2318391768490404_70222587213675
 「小松美羽展 DIVINE SPIRIT 〜神獣の世界〜」@ 一宮市三岸節子記念美術館 で観てきた。迫力のある幻獣たちに圧倒されました。
 画風としては、主には上の写真の2枚に代表されるようだ。右が初期の作品で黒を見事に使ったダイナミックな画風。
 そして左が最近の作品で、鮮やかな絵の具のタッチにより極彩色の幻獣がキャンバスに所狭しと描かれている。

67567200_2318391931823721_88561781329153
 開催初日にあったライブペイントの様子が動画で展示されていた(右)。そして出来上がった作品が左の写真。
 これはライブペインティングに是非とも観に行くべきでした。近くなのに行けなかったのが残念でなりません。
 動画では、作品と同じで、ダイナミックに絵の具をぶん投げながらキャンバスと戦う作家の姿が観られます。生の迫力が想像できるというものです。

67444484_2318391975157050_90468159987195
67688762_2318391841823730_92102337791409
 屏風のように横広に会場狭しと飾られた巨大な絵画作品と、彫像作品。
 この幻想味はまるで異世界の生物か、悪魔の姿を幻視して描いたもののようで、何か気配のようなものが会場に漂ってきます。

Earxy8du8aapor6checker
Miwa-vr
小松美羽さんのVR作品「祈祷=INORI」がヴェネツィア国際映画祭VR部門コンペティション作品に

"「祈祷=INORI」は、日本の現代アーティスト小松美羽 氏と、世界でバーチャルリアリティの先駆者HTC CORPORATION、台湾の著名音楽プロデューサーKay Huang(黃韻玲)の三者によって共同製作されたVRインタラクティブ作品です。

 作品は、没入型デジタル環境(システム)を通し、小松美羽氏のインスピレーションが形成する精神の過程が可視化されています。

 彼女のシグネチャーともいえる「見えない世界の神獣たち」が色彩豊かに生き生きと動き、跳ね、そして体験者は神獣に導かれ、小松美羽氏のインスピレーションが形成する精神世界へと誘われます"

 またヴェネツィアビエンナーレで公開されているVR作品。何とか観る手はないでしょうか。
 ネットのプレス写真を観ると、幻獣を立体ペインティングした作品でもあるようです!HTCとのコラボとのことで、VIVEのサイトで見られるようになるのを期待したいです。

| | コメント (0)

2019.08.05

■感想 「近藤喜文展」@三重県立博物館

67735714_2318990438430537_47121381094106
 「近藤喜文展」@三重県立博物館、観てきた。美術館でなく博物館での開催で、会場入り口には写真のように、「ミエゾウ」という古代の象の巨大な化石が観客を出迎えてくれます。

 会場入って、まず『未来少年コナン』の原画、コナンがジムシーと会うシーン、ラナを抱いて塔から落ちた後の足がビリビリするシーン、近藤喜文さんの原画だったんですね。知らなかった。あの躍動感あるアニメート、素晴らしく印象に残るシーンでした。宮崎駿さんとのコラボレーション、すでにここから始まっていたのですね。

67458292_2318990451763869_23106399465174
 続いて『名探偵ホームズ』での緻密なレイアウト画、人物もメカも構図も素晴らしいですね。やはり鉛筆のタッチに痺れます。
 ほかに映像化されなかった宮﨑駿「王女と献身的な犬」のイメージスケッチ 肉感的女性の青い影の魅力。『退魔戦記』のワクワクする設定画(棚田の月とか)、「大きい一年生と小さな二年生」とか知らなかった作品の準備中の絵がとても良くって映像化されていたら、また違った日本アニメの世界が広がっていたかもと想像させます。

67740369_2318990518430529_80231219640359
 パイロットまで作られてた『リトルニモ』の映像展示も素晴らしく、早逝された名アニメーター 近藤喜文さんにより、生み出されえなかった傑作を夢想させ複雑な気持ちで会場を後にしました。

67574633_2318990651763849_76700694632569
 帰路、博物館近くの古風な喫茶店「魔愁」(『赤毛のアン』繋がりw?)で美味しいけれど苦いコーヒーを飲んで帰ってきました。

| | コメント (0)

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »