« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »

2020年11月

2020.11.30

■感想 MTJJ木頭監督『羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ) ぼくが選ぶ未来』


『羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ) ぼくが選ぶ未来』アクションシーン

 MTJJ木頭監督『羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ) ぼくが選ぶ未来』@ミッドランドスクエアシネマにて観てきました。

 アトロクにて、スーパーアニメーター 井上俊之氏の大絶賛を聴いて、これは観るしかないととても楽しみに観たわけですが、期待にたがわぬ大エンタメ作で楽しめました。

 話の展開ももちろん作画も素晴らしい出来。
 ただ、井上氏が大絶賛したアニメーションの完成度は、確かに凄いとは思いましたが、とは言え、井上氏が言うほど、日本のアニメが作画面で負けていると言う感じまではしませんでした。(アトロクの井上コメントを聴き直すと、アクションの作画シーンは日本でも近いものはあるが、映画のエンタメとしての完成度とアニメ制作のあり方で、どちらかと言うと日本は突き放されているのでは、と言うコメントでした)

 作画面ではアトロクで監督のMTJJ氏のメールの回答として、5人いる作画監督のうち、筆頭の「馮志爽(フーシーソウ)氏の功績が大きい。どのシーンも彼が最初にレイアウトを描き、動作の幅が大きい場合は何枚か描くこともありました。そして原画や第二原画の段階でも彼によるチェックと修正が入っています。つまり彼なくしてこの作品は成り立たなかったということです」とコメントされている。

 統一された映像は、この馮氏の功績であるとのこと。しかし信じられないのは、本当に一人の作画監督で全シーンレイアウトと作画のトーンを合わせるための第一第二原画修正を実現できるのか、と言うこと。これはおそらく宮崎駿監督全盛期でもできていないレベルの仕事量なのではないかと。

20201129-212933downside
 僕が思ったのは、アクションシーンとそれ以外のシーンの統一感があるかと言うと、絵柄がかなり違う印象を持った。特にアクションシーンでのデフォルメ描写は、日常シーン/ギャグシーンの漫画的デフォルメ(眼が星になったり,三頭身になったり)とは明らかに異なり、リアル系の迫力を出すためのデフォルメ描写だったから。

 そこから考えると、おそらくアクションシーンは全篇が馮志爽氏の手が入っていて、もしかするとそれ以外のシーンは別の4作画監督に任せられていたのではないかと言う推測です。この辺りは今後の情報と分析研究を待ちたいものです。

 そのリアルにデフォルメされたアクションシーンですが、世に言われている松本憲生氏の『NARTO』等のアクションの影響は、僕もすぐ想起しました。スピードは観客が見える極限まで速く、しかしアクションのロジックはきっちり描くこと、と言う監督が定めたラインがうまく表現されていると思いました。

 ただ、本当にどう描いてるんだろうという、何度もコマ送りしたくなるようなシーンは数箇所だった記憶。これは何だ! ってところは真ん中より少し前にあった記憶です。サムネイルで引用したアクションシーン抜粋動画には残念ながら入ってません。

 冒頭に引用した動画のアクションシーンから、コマ送りして観てみると、上記コマ送りで作成してみた画像の右下の数字(各画像の連続するコマ数)を確認いただきたいが、派手な動きのシーンは、全てコマが1-3コマで任意に、動きに応じてコマ数が変えられていることがわかる。

 コマが2-3コマと続くところでも背景は全コマ少しづつ移動されているので、そこは全コマ背景画像は動いているが、手前の人物作画は1-3コマ打ちになっている。このコマの数を任意に変えるのは、日本のアクションアニメのお家芸だが、しっかりとこの中国アニメにDNAが伝わっていることがわかる。

 最後に特筆したいのは、映画の厚みをさらに押し上げていた音響の厚みの素晴らしさです。ミッドランドスクエアシネマは、名古屋でもかなり音響が立派な映画館なのでそれが良かったこともありますが、音響のきめ細やかさとダイナミックさが映画に深い厚みを加えていたと感じました。

◆関連リンク
・当ブログ記事 ■ガイキングオープニング 金田伊功の作画の進化
 日本のアニメアクションの代表的アニメーター金田伊功さんの後期の作画。今回と同じように各コマの右下にコマ数を明示したもの。
 馮志爽(フーシーソウ)氏作監による上記作画と比べると1コマ打ちのシーンが続いたりして、よりダイナミックなメリハリが強調されているのが判る。この辺りが、『羅小黒戦記』の作画の快感が、まだ金田伊功レベルまで上がっていない理由と思うのだけれどどうだろう。

| | コメント (0)

2020.11.25

■感想 玉川真吾監督『PUPARIA』


PUPARIA
 ショートフィルム 玉川真吾監督『PUPARIA』、素晴らしく緻密な作品!
 『海獣の子供』を超えたイマジネーションに溢れた絵ですね。

 このショートフィルムは、新千歳空港国際アニメーション映画祭の日本コンペディション部門にノミネートされている作品。

20201122-175628checker
 奇妙な味わいの深い絵の魅力をリンク先の動画でお楽しみください。

Twitter 玉川真吾(ShingoTamagawa)

 ”PUPARIA”の読みは「ピューパリア」。
 日本語では「蛹」(さなぎ)、「蛹殻」といった意味です。"

新千歳空港国際アニメーション映画祭 コンペティション受賞結果
 残念ながら本作は受賞には至らなかったようです。

| | コメント (0)

2020.11.23

■情報 最新シュヴァンクマイエル・インタビュー

Svankmajer-20201122-171824

Jan Švankmajer: Plenty of Reasons to Revolt(Google翻訳)
 (反乱を起こす理由はたくさんあります)

"「アートはほとんど死んでいる」とあなたは映画ルナシーズの冒頭で言います。これは、現代アーティストが単なるネクロマンサーであり、彼らの作品がゾンビであることを意味しますか? それにもかかわらず、あなたはまだいくつかの現代のアーティストを注目に値すると思いますか?

シュヴァンクマイエル
私は、映画に限定するならば、私はここ[チェコ共和国で]David JařabとKarel Vachek。David Lynch または Quay兄弟の名前を挙げるでしょう。

近年、3D映画のトレンドが高まっています。「立体」映画には、商業的だけでなく創造的な可能性もあると思いますか?

シュヴァンクマイエル
 個人的には、3Dではないかもしれないシネマトグラフィーにもっと興味がありますが、より触覚的で、嗅覚的で、味を伝えることができるようになる方法を探しています…
 私の意見では、映画だけでなくすべての芸術は、共感覚の更新を探すべきです。話題性に関しては、私たちの文明は、全体論的な見方を犠牲にして、ますます狭い専門分野に引き寄せられていると私は信じています。共感覚は、ある感覚から別の感覚に感情をこぼすことによって、私たちの創造的なプロセスに感情的な可能性全体をもたらします。"

 2020年11月3日付でネット公開されたらやん・シュヴァンクマイエルの最新インタビュー。
 上は、興味深い部分を抜粋し、Google翻訳の日本語を掲載。

 特に興味深いのは、シュヴァンクマイエルが映画の分野で、注目する現代のアーティストとして、クエイ兄弟と並んでディヴィッド・リンチの名を挙げていること。どの作品に興味を持っているのか、不明であるけれど、シュヴァンクマイエルとリンチのファンである自分としてはとても嬉しい。

 本当は、リンチの今のところの映像作品の最新作、『ツイン・ピークス リミテッドシーズン』の感想を聞きたいところだけど、特にここには具体的な作品については述べられていない。

 引用した後半の質問。3Dに関する質問で、3D好きの私としてはとても興味深い質問なのですが、残念ながら、3Dより触覚聴覚映画への興味の方が大きいようです。もちろん触覚のシュルレアリスムを標榜するヤン監督のことですから、想像できる回答ですが、今後のVR技術の進化で、触覚の記録再生ができるようになったら、ぜひ、作品を作って頂きたいものです。

◆関連リンク インタビューで挙げられているチェコのアーティストについて以下、リンクです。
David Jařab (wiki) (Google翻訳)
 1971年生まれのチェコの監督で、今までに2本の長篇があるらしい。ブルノシュルレアリストグループAIVの一員とのこと。Google動画検索
Karel Vachek (wiki) (Google翻訳)
 1971年生まれのチェコのドキュメンタリー映画の監督とのこと。Google動画検索
 お二人の作品、いつか観てみたいものです。







| | コメント (0)

2020.11.20

■感想 アーロン・シュナイダー監督、トム・ハンクス脚本/主演『グレイハウンド』


GREYHOUND - Official Trailer (HD) | Apple TV+
 アーロン・シュナイダー監督、トム・ハンクス脚本/主演『グレイハウンド』をApple TV+ 初見。

 これは傑作ですね!第二次世界大戦のアメリカ海軍大西洋護送船団の駆逐艦とドイツ軍Uボートの激戦。「駆逐艦キーリング」という小説の映画化とのことだけど、トム・ハンクスの脚本が素晴らしい。

 セリフによる感情表現を抑え、態度と目線で人間関係を描き、ただひたすら48時間連続の戦闘を息もつかせず、91分で描き切った手腕。戦闘シーンの組立ても終始駆逐艦艦長のトム・ハンクス視点で体感的に描いて臨場感満点。

 時々挿入される俯瞰視点の映像が戦闘の冷ややかさを感じさせ、Uボート浮上時の独特の鯨の悲鳴のような音楽が盛り上げるサスペンスも素晴らしい。

 エンディングのタイトルバックの映像もグッときます。コロナで配信のみの公開となった本作、こんな映画こそ映画館で観たかったですね。

◆関連リンク
Large Format, Small Space: How 'Greyhound' Puts You Right in the Middle of a WWII Naval Battle (Google自動翻訳)
 本作のCGについて、以下の引用写真で、解説されている。
Sidewing_01

| | コメント (0)

2020.11.16

■感想 「漫勉neo 諸星大二郎」

20201115-175415down

 「漫勉neo (5) 諸星大二郎」(NHK公式HP) (動画はリンク先からNHK+で観られます)

"「マンガ誕生」の瞬間を同時体験する異色のドキュメント。第5回は伝奇ミステリーの巨匠「諸星大二郎」。執筆部屋には骨!?伝説的な奇才が紡ぎだす不思議な世界は必見!

普段は決して立ち入ることができない漫画家の仕事場にカメラが密着、その貴重な映像をもとに浦沢直樹が同じ漫画家の視点から切り込んでいく。▽第5回は伝奇ミステリーの巨匠・諸星大二郎▽重ねた線で描かれる独特の不穏な雰囲気▽漫画家が憧れる唯一無二のイマジネーションの秘密とは?▽「漫勉」史上最も無口な、驚きの素顔▽画業50年なのに「絵に自信がない」!?▽修正液、原稿の切り貼りと超アナログな執筆。永久保存版!"

 いやー良いもの見せて頂きました。初めて観る諸星さん御本人の動く映像とそのペン先と鼻歌w、最高でした。

 中高生の頃の漫画のスターは星野之宣、諸星大二郎の順でしたが、今は圧倒的に諸星。「はるかなる朝」「生物都市」の初登場のジャンプの衝撃は忘れられません。

 今回の慢勉neo はそのお二人の制作風景が観られたということで、もう至福ですね。

 その諸星回、浦沢直樹の推測する諸星漫画の秘密、こうでしょう?の質問をほぼ無言でスルーするところが、まさに諸星漫画そのものの底知れぬ魅力を表していました。

 浦沢曰く「下描きの鉛筆の線の様な確定しないペン入れで表現が固まらない魅力」はある面、諸星漫画の事を評しているのですが、それはどちらかと言うと、浦沢の漫画の限界(カッチリしすぎた絵で読後の広がりが限定されつまらない)を自ら語っているだけで、無言でスルーする諸星のコアには、何だか響いていない様だった。巨匠の秘密は?

 我々読者は、この諸星の無言とペン先の動きをヒントに、今日も諸星漫画の底知れぬ魅力を追いかけるしかない…という結末。
 これでこその諸星大二郎!

◆関連リンク

巨匠漫画家・諸星大二郎氏の、見逃せないTV出演。『エヴァ』『ナウシカ』にも影響

201110dmoroboshi02checker

デビュー50周年記念 諸星大二郎展 異界への扉(北海道立君大美術館)

"本展では、諸星大二郎のデビュー50周年を記念し、代表作の原画約350点を中心に、作品世界に関わりの深い美術作品や歴史・民俗資料などをあわせて展示。読む者を「異界」へと導く魅力の原点へと迫ります。
会期 2020年11月21日(土)〜2021年1月17日(日)

前期:11月21日~12月13日
後期:12月15日~2021年1月17日
※会期中、一部展示替えを行います

会場 北海道立近代美術館"

諸星大二郎 デビュー50周年記念 異界への扉』図録(11/21発売Amazonで予約可)

"デビュー50周年記念の豪華大展覧会「諸星大二郎展 異界への扉」の公式図録。
名シーンの原画、作品に関連する貴重な土器や絵巻などの美術品・民俗資料、
10万字に及ぶ作品解説、諸星大二郎1万8千字最新インタビューを収録。
本書のための描き下ろしイラスト「アマビエ姫の上陸」も掲載。超永久保存版。

●諸星大二郎 描き下ろしイラスト3作品
「アマビエ姫の上陸」「展覧会メインビジュアル」「ご挨拶色紙」

●代表作の原画、作品に関わりの深い美術作品や歴史・民俗資料をたっぷり掲載。
1章 【1970年デビュー】 「異界」への出発点
2章 【日常/非日常】 異界への扉
3章 【民俗学/人類学/考古学】 再構築された「異界」
4章 【日本の神話/伝説/文学】 深遠にして身近な「異界」
5章 【中国の神話/伝説/文学】 長大な歴史の「異界」を描く
6章 【西洋の神話/伝説/文学】 異界の西洋 ―― もうひとつのナラティブ
7章 【博物誌/書誌】 諸星的「異界」の体系化
8章 【アート】 異界の扉の鍵

●諸星大二郎 50周年インタビュー
会場で展示する全作品について自ら語る、最新1万8千字インタビューを収録。

●特別寄稿 鎌田東二 「異形の神智学者」

●総論 「諸星大二郎世界の万博、あるいは旅行案内」
●評論1「異界の扉が開くとき、あなたは今のあなたですか?」
●評論2「世界夢の人」
●評論3「栞と紙魚子のはみだし書籍案内」
●評論4「童話と漫画」

●諸星大二郎 作品年譜
●展覧会 全出品リスト"

| | コメント (0)

2020.11.11

■情報 芸術デュオ「モスマイスター」: Mothmeister の「ワンダーランド」

123302430_4839238432782755_6781212742416

Artistic duo Mothmeister have created a place they call “Wounderland”.

‘It is a land in which grotesque creatures, in fascinating yet disturbing masks, stare out from barren wastelands, usually accompanied by mounted and stuffed animals. Unconventional and enchanting, the fairytale world of Mothmeister is at once reminiscent of a bygone age, while subtly criticising today’s ever-present ‘selfie’ culture, and the beauty standards imposed by the media.’

 芸術デュオ「モスマイスター」による「ワンダーランド」。これは素晴らしい暗黒の世界。僕が文字で紹介するより、すばらしい画像と映像をご覧ください。
 こんなキャラクターが出てくる映画があったら、是非観たいですね。
 動物好きの方は、閲覧をお控え下さい。
モスマイスター: Mothmeister 公式Facebook

Weird and Wonderful Post-Mortem Fairy Tales - Mothmeister

MOTHMEISTER Weird and wonderful post-mortem fairy tales


ひゃー、素晴らしい暗黒の輝き!

| | コメント (0)

2020.11.09

■感想 チャーリー・カウフマン監督『もう終わりにしよう。』


チャーリー・カウフマン監督作『もう終わりにしよう。』予告編 - Netflix
 チャーリー・カウフマン監督『もう終わりにしよう。』(原題:I'm Thinking of Ending Things)をNetflix初見。

 『脳内ニューヨーク』『アノマリサ』という異色作を撮り続けているカウフマン、今回はNetflixオリジナル作品としての公開です。今回も相当の異色作で、一言でいうことのできない濃縮小説(コンデンスト・ノヴェル)ならぬコンデンスト映画。

 言ってみれば、初めて彼氏の実家を訪れる女性の巡るスリラー版2001年宇宙の旅、とでもいう他ない、なんとも奇妙な一篇。

Imthinkingofendingthings607x900side
 主役の女性を演じたジェシー・バックリーが素晴らしい。特に痺れたのが冒頭の車の中で彼女が「犬の骨」という詩を詠むシーン。この詩を起点に複層的な現実が立上がる中盤のサスペンスが素晴らしい。

 秀作を生み出しているNetflix映画の今年の成果の一本だと思います。

◆関連資料
当ブログ チャーリー・カウフマン監督 関連記事

| | コメント (0)

2020.11.02

■感想 Oculus Quest 2 体感

20201101-215304
 Oculus Quest 2、来ました。
 メガネの上にかぶると大きさがキツいという情報もありましたが、僕は大丈夫でした。
 流石の解像度アップでVR世界が自然に感じられ没入感が上がっています。

 装着感は確かにQuest 1より軽くなってていい感じ。値段も随分こなれてきてVRの普及にかなり貢献しそうですね。
 うちのニャンコ、また怪しげなものが来たぞ、と興味津々(^^)。


The Key (2019) | Official Trailer
セリーン・トライカート:Celine Tricart監督『The Key』

" シーンごとに強いメッセージを持つ物語構成でインタラクティブなバーチャルリアリティを体験できます。
" 参加者は夢の中を冒険する旅に出て、課題を解いたり難しい判断を突きつけられたりします。この旅を通じて隠されていた真実が明らかになり、新たな美が現れます。『TheKey』はトライベッカ映画祭でStoryscapes Awardを、ベネチア国際映画祭で最優秀VRの審査員大賞を受賞しました。

 Celine Tricart監督の VR短編映画 『The Key』をOculus Quest2にて体感。視点固定ではなく、その世界の中を動き回りつつ、周り360度の空間ごとの映像を味わう、まさにVR映画。
 トライベッカ映画祭でStoryscapes Award、ベネチア国際映画祭で最優秀VRの審査員大賞を受賞したというが、完成度とメッセージが素晴らしい。
 抽象と具象の中間ぐらいのこのCGワールドで印象的な世界を体感した後に示される、この現実世界の像。まさにその世界に入り込んで体験する新しい映画の一本。
Thekey1checker
 今後、こうした新しい没入映画がどこまで、進展していくのか(恐らくあと100年も立てば映画は全部こうなるはず)、見届けられるのはどこまでなのか分からないが、未来映像をできるだけ体感していきたいものである。
 先日観てきた『異端の鳥』のVRリメイクが将来作られたら、3時間体感したら、かならず精神的にいびつな"成長"を、観客は遂げることとなるでしょう。


'Mission:ISS' from Oculus, Available Now!
「Mission:ISS」

 もう一本、Oculus Quest2で体感した宇宙ミッションを紹介します。

 これは ISS 国際宇宙ステーションの中を宇宙飛行士になって、無重量空間を疑似体験できるVRアプリ。
 自分の身体はもちろんVRゴーグルをかぶっているだけで地球の重力圏にいるのだけれど、周りのISS内部の空間が、無重量空間を浮遊しているように縦横に映像として動くため、その「反作用」で、まるで身体が無重量空間に浮かんだ様な錯覚が発生する。

 そして両手のコントローラでISSの内壁や周りの機器をつかんで、身体を360度方向に動かす。そして各ISSモジュール内を動き回るわけです。時々、船外を覗ける窓があって、そこから宇宙と地球とISS外観を観ることができるリアリティ。

 Quest2の解像度で、なかなかの臨場感が確保されていて、つかのま、宇宙旅行が楽しめるのでした。この操作方法で、宇宙映画的に事件に巻き込まれるものが出てきたら、是非とも体験してみたいものです。

◆関連リンク
Oculus Touch専用「Mission:ISS」レビュー VRで無重力空間の神秘を体感しよう

| | コメント (0)

« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »