映画・テレビ

2019.06.26

■感想 山田太一『男たちの旅路』最終話「戦場は遥かになりて」他

65124332_2286850628311185_17083881561197
 山田太一『男たちの旅路』、ちょっと前にNHKで1-3話が再放送された際に観はじめて、録画してあったDVDで全話を十数年ぶりに見直した。
写真は最終話「戦場は遥かになりて」(BS2での再放送録画版)のOPと冒頭部分。このドラマが放映された1982年の4年前にヒットした『さらば宇宙戦艦ヤマト』が10カットほど動画で流される。(しかもノンクレジットなのである。気骨があったNHKということだろうか?)

 鶴田浩二演じる特攻隊生き残りのガードマン会社の吉岡司令補が、第一作「非常階段」で若いガードマンに戦争体験を美化して語るのに対して、最終話「戦場は遥かになりて」では戦友に美化してはいかん、あの頃俺たちは…と戦争に突入して行った日本の実情を生々しく語らないといけない、と話すようになり変節している。これは第4部の1話「流氷」で水谷豊演じる杉本陽平が吉岡を北海道から連れ帰る際に、あんたらには戦争がどんな風に起こったのかを語る責任がある、と訴えたシーンの、山田太一の結論と見ることができる。

 ヤマトの映像はOPで流されるだけで、当時の世相についてもドラマ中で何も語られないが、この吉岡の発言から、ヤマトの特攻シーン、当時ブームになり好戦的な雰囲気が(特に制作側に)あったこと等から、批判的に引用されてるのは明らか。

 よく引用が許されたものだと思う。DVDでは戦争映画のポスターか何かに差し替えられてるらしい。ネットにもこのOPの画像は存在しないようなので、1つの記録として掲載します。

64991519_2286850841644497_38148699074183
 この物語が上記のような吉岡の戦争感の変節を描いたものなのに、なぜかドラマのクライマックスは自衛隊協力のUS-1を使った、このドラマシリーズらしからぬスペクタクルな雰囲気で終わっていく。もちろん自衛隊が救命隊として日本の生活に軍事的でなく有益に働いている、という非戦的な描写と考えることもできるけれど、なんだかこの勇壮な雰囲気でドラマの本筋が鑑賞後に余韻としてあまり残らない感じになっていたのは何故なのだろう、とか考えてしまった。

 最後に個人的なこのドラマの影響について蛇足的に書くと、学生時代に熱中して見ていた『男たちの旅路』を今回全篇観直して、本業の会議の時に時々自分の中に沈殿した司令補が熱い発言(もちろん戦争についてではないですw)をしてしまうのを感じたりするのでした(^^;;)。

◆関連リンク
「男たちの旅路スペシャル・戦場は遥かになりて」(ブログ「フルタルフ文化堂」さん)
 上記感想は、リンク先のブログ記事を参考にさせて頂きました。

| | コメント (0)

2019.05.22

■予告篇 ポーランド映画 Bartosz Konopka監督 "KREW BOGA : 神の血" オリヴィエ・デ・サガザン出演


KREW BOGA - oficjalny zwiastun 長文ですが、以下Youtubeの紹介文(Google翻訳)

"「神の血」は、オスカーにノミネートされた「ベルリンのうさぎ」と受賞歴のある「高みの恐怖」の作者であるBartosz Konopkaの最新作です。演出家の前作からのこの独特で逸脱した美学は中世に設定されていますが、ニコラス・ワインディング・レフナの妥協のない作品や連載「ゲーム・オブ・スローンズ」を彷彿とさせる形で。

 映画の主なキャスティングは次のとおりです。KrzysztofPieczyński( "Belfer"、 "Grain of Truth"、 "Jack Strong")、Karol Bernacki( "Amok")、Jacek Koman( "Moulin Rouge!"、 "Son of a Gun"、 "ヨーロッパでよく知られているワルシャワの国立劇場の女優、ヴィクトリアの俳優Jan Bijvoet( "Peaky Blinders"、 "In Darkness")、Jeroen Perceval( "The Bull's Head"、 "The Day")、そして最も現代的な出演者 - フランス人オリヴィエ・デ・サガザン

 ゴールデンライオンズにノミネートされた「神の血」は、JacekPodgórskiの写真でグディニアで開催された43.ポーランド長編映画祭で高く評価されました。絵画はまた、第41回モスクワ国際映画祭のプログラムに含まれていました。

中世初期。最後の異教徒の島では、騎士のWillibrord(KrzysztofPieczyński)が奇跡的に死を免れました。猛烈な運命を経験したが、戦闘中の戦士で、彼は、名のない者(カロル・ベルナッキ)の助けを借りずに亡くなったでしょう。世界観や宗教への取り組みに違いがあるにもかかわらず、男性は旅行の仲間となります。彼らは彼らの共通の目標によって結合された彼らの旅行を続けます - 彼らは山に隠された異邦人居留地を見つけて洗礼を受けたいです。住人のキリスト教化は切迫した運命からそれらを救うための唯一の方法ですが、英雄の使命は異邦人の司祭と彼らの指導者、Geowoldを保つことを試みるでしょう。彼らの行動は異星人の見解をすばらしい試練にさらします。

 しかし、「古い信仰」の最後の砦では、WillibrordとThe Unknownは予想外の味方を頼りにすることができます。それはPrahwe - Geowoldのカリスマ的娘です。すぐに、愛は憎しみ、暴力との対話、規則との狂気に直面し、そして多くの人が死ななければならなくなるでしょう..."

 当ブログでたびたび紹介しているフランスの人体変容 生パフォーマンス アーティストのオリビエ・デ・サガザンが出演しているポーランド映画の予告篇。

 作品は、サガザンがドルイドの魔術師を演じ、その変容パフォーマンスを劇中で観せるようである。予告篇にも一部映っているが、日本でも公開されその全貌が見られるといいのだけれど、、、。

◆関連リンク
・ヴァルトスツ・コノプカ監督の過去作ドキュメンタリー『ベルリンの野うさぎ』について

"今年のアカデミー短編ドキュメンタリーにノミネートされた作品が、昨年NHKのBSドキュメンタリーで放映されていました。先日再放送があったのでようやく視聴!

原題: Rabbit a la Berlin
制作: MS Films / ma.ja.de Filmproduktion (ポーランド/ドイツ 2009年)"

The Mute / Krew Boga(公式Facebook)
・以下、おまけ

 


Teaser performance Hybridation
オリビエ・デ・サガザンとステファニー・サントによる融合パフォーマンス。
Olivier de Sagazan "Hybridation with Stephanie Sant"
かなりショッキングな映像ですので、ご注意ください。
人間の融合のリアルタイムパフォーマンス !

| | コメント (0)

2019.05.15

■感想 アンソニー・ルッソ、ジョー・ルッソ監督、ケヴィン・ファイギ製作『アベンジャーズ/エンドゲーム』

Marvel Studios' Avengers: Endgame - Official Trailer

 アンソニー・ルッソ、ジョー・ルッソ監督、ケヴィン・ファイギ製作『アベンジャーズ/エンドゲーム』@109シネマズ名古屋 IMAXレーザー3Dにて、公開初日 4/26(金)の夕方の回に観てきました。観客席は熱いファンにより満席。涙や笑いや拍手にあふれた良い環境での鑑賞となりました。

 4/26で仕事終わって明日からGWというタイミング。今回、GWが来るのより、この映画の公開の方が楽しみだったというくらい、大団円への期待は盛り上がっていたという状態ですw。

 『インフィニティウォー』が最高だったのと、勿論今までの全シリ一ズのレベルの高さから、ここまで期待してる映画が今まであっただろうか、というくらい。ケヴィン・ファイギとMCU監督陣、恐るべし。


20190512-192100



 ネタばれはしないで感想を書きますが、先入観なしで観られたい方は、ここから先は読まないで下さい(^^)。












 前作に引き続き冒頭の寂寥感は凄いレベル。いったいここからどうクライマックスへ持っていくのか、エンタテインメントとして観客を不安のどん底へ落し込む勢い。
 その不安も何その、逆にそこからの高度差で、期待に違わずクライマックスの盛り上がりは素晴らしいものがあります。『アイアンマン』にはじまったストーリーの集大成として、今作、見事に大団円を観せてくれました。

 各キャラクターの見せ方もなかなかのレベル。全作品のいろんなキャラクターたちの多種多様なシーンが走馬灯の様に脳裏を駆け巡ります。そして世界の民族的な課題とかも見せてきたシリーズは見事にアメリカの映画としての結末を見せています。公開初日、熱心なシリーズのファンで満席の場内そこかしこからのすすり泣きとエンドロールへの大きな拍手。熱気の中であっという間の3時間の結末を迎えることが出来ました。


 と凄くホメた後の総論としては、どちらが好きかと言うと僕は『インフィニティウォー』。この結果は今作のメインアイデアとストーリー展開のある一点に不満が残ったからです。冒頭の寂寥感が、物凄いアイデアとたるみのないストーリー展開でこのクライマックスを迎えられていたらな、と思わざるを得なかったのでした。

 にしても今後の心機一転の新生MCUにも期待です(^^)。

| | コメント (0)

2019.05.08

■感想 『特撮映画美術監督 井上泰幸展』@グランドニッコー東京 台場 GALLERY 21

Flyeromoteside

『井上泰幸展』@グランドニッコー東京 台場

"会期:4月18日(木)〜4月30日(火)
平成の終焉に、昭和の特撮を支えた特撮美術デザイナー井上泰幸の作品展を開催します。
一昨年、創業の地”海老名”で1週間限定で開催された『井上泰幸展』。
「ゴジラ」から「竹取物語」まで、約200点を公開します。
5月31日にハリウッド版GODZILLA公開前に、日本の誇る特撮技術を再確認が必要です!
当然、東宝様よりご協力も賜りましての開催です。
三池敏夫特撮美術監督ギャラリートーク
4月21日日曜日 13:00~
4月28日日曜日 13:00~
4月30日火曜日 13:00~/15:00~"

 井上泰幸展@グランドニッコー東京 台場、入場料無料が信じられない充実のアート展でした。

 写真は禁止だったので撮れなかったけれど、円谷特撮、東宝特撮を支えられた井上泰幸特撮美術監督の画面設計、美術造形設定の絵画とスケッチと造形物で拝見でき、映像で興奮したあの映画のシーンが正にこの肉筆の絵コンテとスケッチから生まれたという臨場感が素晴らしい。

 絵画としては、『怪獣総進撃』のゴジラとクモンガの対峙シーンとヘドラの初期デザインが白眉。浅学にして、井上泰幸さんというとメカやセットのイメージが強かったけれど、怪獣の絵のフォルムやタッチが迫真の迫力で感動的でした。

 さらに三池敏夫特撮美術監督のギャラリートークを拝聴。30名ほどの観客に円形のホールに並べられた作品を端から円の2周分、1時間以上に渡り熱心に、井上泰幸さんから直接聴かれた話を交えて語られた興味深いお話に引き込まれて聴講。話を聴きながらさらにじっくり作品を見られて、贅沢な時間でした。

58420041_2244492819213633_45616126482857

 一番の驚きは、井上泰幸さんが脚本の文字から絵コンテを起こしそれを元に大道具と小道具、セットを制作。その後、円谷監督が撮影、セットの造作の制限の中で撮影されるため、ショットがかなり最初の井上泰幸さんの絵コンテが画面作りに大きく影響していたとのお話。

 質問すると、円谷監督は最初、脚本から映像のイメージについて、井上泰幸さんと語り合った後は、絵コンテはほとんどチェックせず井上泰幸さんにセットを任せていたという。それだけ井上さんの画面作りを信頼されていたということのようです。

 それを聴いて、『サンダ対ガイラ』等の絵コンテから美術造形メモまで観ると、正にこの肉筆があの映像のイメージの源なんだと更に感慨深く感じられました。特に『三大怪獣 地球最大の決戦』のキングギドラ誕生シーンは、僕の東宝特撮NO.1に興奮した映像なので、最高でした。 

 素晴らしい展示会をありがとうございました。

◆関連リンク
井上泰幸(wiki)

| | コメント (0)

2019.04.08

■情報 大須シネマ オープン

20190407-193912down
大須シネマ(公式HP)

 名古屋人が昭和を体感できる町、大須に映画館ができたので、簡単にご紹介します。
 大須シネマ、3/31のオープニングは、粟津順監督作品「惑星大怪獣ネガドン」「プランゼット」も上映されたようです。
 4月の公開作品はリンク先に詳細がありますが、主要作品は以下の4作品。レトロな大須に似合う映画から、最新作でなかなか映画館でみられない作品まで、まずは4月はバラエティに富んだラインナップになっています。
20190407-205208
 新しい映画館ということで、ワクワクします。
 この映画館、「世界の山ちゃん」が併設されているということで、手羽先を食べながら映画が観られるという新機軸もあって、近いうちに一度、見にいく予定ですw。

| | コメント (0)

2019.04.01

■感想 トラヴィス・ナイト監督『バンブルビー』

 

『バンブルビー』日本版予告

 トラヴィス・ナイト監督『バンブルビー 』IMAX 3D@109シネマズ名古屋、3本目のレーザーIMAXで鑑賞。

 主人公とバンブルビーの成長物語として、とても気持ちの良い作品。物語はトランスフォーマーと人類の出会いでバンブルビーが人間と関わる話なので、どこか第1作を思い出させる。

 トラヴィス・ナイト監督、あのライカのCEOで、『コララインとボタンの魔女』のリードアニメーター、『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』の監督等、的確な人物描写でファンタジー作品を作り上げてきた手腕は、この初実写作品でも健在で、荒唐無稽のオモチャ的世界であるトランスフォーマーワールドを、アメリカの80年代にうまく着地させ、地に足のついた物語として描き出している。
 
 そして3D映像がとても良かった。

20190331-173427

 人間とバンブルビー の大きさの差が適度で、両者がワンカットに収まるショットの立体感が素晴らしい。いくつもその臨場感にため息をつくシーンがあった。

 3本目のレーザーIMAX、今回はいつもの前から1,2列目(E,F列)でなく、5列目(I列)で観たのだけれど、音響は今まで以上に良かった。この辺りに音空間はチューニングされてるんでしょうね。巨大金属体のぶつかり合う硬質音が素晴らしい臨場感。今度からこの辺りの席かな(^^)。

| | コメント (0)

2019.03.27

■感想 アンナ・ボーデン&ライアン・フレック監督『キャプテン・マーベル』 3D

 アンナ・ボーデン&ライアン・フレック監督『キャプテン・マーベル』 3D @109シネマ名古屋、IMAXレーザーで観てきました。
 エキサイティングなマーベル・シネマティック・ユニバースは今回も健在、素晴らしいエンタテインメントを見せてくれます。
 ネタバレするのはまずいので、ぼんやりと書きますが、クライマックスへ向けての結構が今回も素晴らしい。主人公の成長度合いとしては、今作、MCUの中でも屈指かも。それだけにラストへの盛り上がりカーブが急峻で観ていて気持ち良い。
 映像について言うと、今回の3Dコンバージョンは、STEREO DとLEGEND 3Dの2社がクレジットされていたけれど、冒頭の宇宙シーンでの宇宙機の立体視映像が、ミニチュア然として、いささかリアリティに欠ける描写だった。何が良くないのかわからないけれど、そうしたシーンが前半特に目立って、そこは残念。
20190324-195009
 とは言え、迫力のCG映像はいつもながら素晴らしくシャープで、物語と相まって満腹感は保証されています。3Dのイマイチ感なぞ映画全体のほんの微かな瑕疵に過ぎず、映画の総合芸術感にため息を付いて、劇場を後にしました。
 前回、初IMAXレーザーは『スパイダーバース』だったので、実写作品は今回初めてだったけれど、以前のMCUと比べて映像の鮮明度が上がった感覚はほとんどなし。やはり凄いといっても、たぶん劇場で開幕後示されるIMAXレーザーの画像が鮮明だというCM映像と同様に、横に並べて見比べないとわからないレベルの違いかもしれない(^^)。

| | コメント (2)

2019.03.25

■感想 デヴィッド・リーチ監督『デッドプール2』

 デヴィッド・リーチ監督『デッドプール2』、WOWOW録画初見。いやぁ〜、笑いました。一人で観ていたのだけれど、バカみたいに笑わせてもらいました(^^)。これは、アクションコメディとして傑作ですね。R指定の気合の入ったブラックジョークも切れ味鋭くお薦めです。
 中でも予告で出てくる「Xフォース」の扱いとか、某キャメロン監督作の秀逸なパロディ部分、ケーブルという新登場人物とミュータント施設から暴走するラッセルというキャラクターをめぐる物語が最高。Xメンの世界のひとつの大きな可能性が示されていて、MCUならぬマーベルのこちらのシリーズもまだまだ進化する気配濃厚。
 21世紀フォックスがディズニーに買収され、今後はマーベルスタジオがXメンの制作も担当するということで、ケビン・ファイギのMCU構想の中へどう組み込まれていくか、ますます今後の展開に眼が離せませんね。
"マーベル・スタジオのケビン・ファイギ社長は、以前から「X-MEN」シリーズをマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)に引き入れることに意欲的と報じられていたが、「『X-MEN』シリーズは今後ファイギの指揮のもと、マーベル・スタジオが製作することになるのか」という問いに対し、アイガー会長は「それが自然の成り行きだと思う。誤解を招くといけないので断言することは避けたいが、フォックス側もそれが筋だと理解しているはず。単一企業がマーベル作品の製作を統合的に管理するのは道理にかなっているし、“2つのマーベル”が存在していたことの方が、むしろ不自然」と見解を述べた。"

| | コメント (0)

2019.03.13

■情報 ジョセフ・ステファノ監督『シェラデコブレの幽霊』 "The Ghost of Sierra de Cobre"


探偵!ナイトスクープで有名なアレ【冒頭7分】 - YouTube

 今までに何度か記事にしてきた幻の映画、ジョセフ・ステファノ監督『シェラデコブレの幽霊』、北米ではブルーレイとDVDが去年秋に出たのに、日本語未対応。

 早く観たいんですが、英語版ではヒヤリングが心もとないので観ることができません。上記リンクで雰囲気のみ味わって日本語版発売を待ちます。 冒頭7分の恐怖体験が待っています。

◆関連リンク
シェラデコブレ 当ブログ関連記事 Google 検索

ジョセフ・ステファノ監督『シェラデコブレの幽霊』ブルーレイ
 日本のAmazonでも北米版のブルーレイ、DVDが売られていますが、残念ながら日本語字幕が入っていない、リージョンが日本のプレイヤーで合わない等の課題がありますので、購入は自己責任でお願いします。ヒアリングがしっかりできれば、僕も買うのですが、、、。

| | コメント (0)

2019.03.04

■感想 ボブ・ペルシケッティ、ピーター・ラムジー、ロドニー・ロスマン監督『スパイダーマン : スパイダーバース』Spider-Verse


SPIDER-MAN: INTO THE SPIDER-VERSE - Official Trailer (HD) - YouTube

 ボブ・ペルシケッティ、ピーター・ラムジー、ロドニー・ロスマン監督『スパイダーマン : スパイダーバース』109シネマズ名古屋 IMAXレーザー 3Dで観てきました。

 素晴らしい、3Dアニメーション映画の革新!
 アニメーションのヒップホップというか、アメコミサンプリングの3Dワイドスクリーンバロック映像というかw、とにかくぶっ飛んだ立体空間に暴力的に連れ込まれます!(^^)。

 この映画、IMAXはともかくw、3Dで観られることを是非ともお薦め。
 メイキングについては、なかなか日本語の記事は見つからず、関連リンクにスタッフが語る動画を引用したので、ご覧ください。

53188012_2206783112984604_695422823

 3D CGをベースに手描きでリファインされているという映像、3D立体視と相まって独特のスピード感と没入感があります。欲を言うと、ステレオ化が奥行きをつけるタイプで、画面からガンガン飛び出て劇場空間にどんどん侵食してくる様にしてたら、さらに凄まじい映像体験になったはずなのに、残念でなりません(^^)。

 あと残念ついでに書くと、物語はワクワクする起承転結の効いた楽しいもので映画としてエンタテインメントとして素晴らしいことはまず大前提として、、、もしこの映像に追いついた飛んだ物語だとしたら、と思わずにはおれません。

52953563_2206783149651267_817889366

 今回、僕は昨年末109シネマズ名古屋のリニューアルしてから初めてのレーザーIMAX体験でしたが、2Kから4Kへの映像の進化がどのくらいなのか、今までこの劇場で観た他の作品と映像の比較が出来ないくらいぶっ飛んだアニメーションだったので、比較は次回まわしになりました。

 音響は以前近所のミッドランドスクエアシネマが上かな、と思っていたんですが、並んだくらいの迫力でした。

 『スパイダーマン:スパイダーバース』の映像の秘密の一端が、SONYの特許として出願されているそうです。以下の記事に詳細。Patent検索してみましたが見つからず、たぶんまだ公開されていないものと考えられます。

‘Spider-Man: Into The Spider-Verse’: Sony Seeks Patents On Animation | Deadline

以下引用(Google 翻訳)

"Spider-Verseはドット、思考の吹き出し、パネル、書かれた効果音、そして色分解におけるアライメントの欠陥の錯覚さえも含む、最先端の映画です。(4色漫画の読者には、オールドスクールの音楽ファンにとってのビニールレコードと同じように馴染むでしょう)"
"ソニーの特許出願のクレームの要約:

「定型化された量子化」によって表面の滑らかな陰影を芸術的に修正することができる独自のレンダリングおよび合成テクノロジ。これらのテクノロジは、肌に当たる光の分割に対する特定のパターン制御を追加できます。 「スクリーントーン」)。

ソニーからも提出されました。芸術家が基礎となる幾何学から解放されてそしてよりイラスト技術に類似している方法でキャラクター表面に描くことを可能にするインクラインソフトウェア。 キャラクターの顔の手描きの線はジオメトリに変換され、アニメーション制御のためにリグされます。

この特許出願には、 Spider-Verseアニメーションプロセスの機械学習コンポーネントも含まれています。これは、次のフレームのラインの位置を予測する自動機能としてプロセスを合理化します。 外挿された線はプロセスを合理化し、アニメーターに線を微調整するための利点を与えます。

この出願はまた、平らな表面上の奥行きの錯覚、建物の内部容積のエミュレーション、および図解されたグラフィックの反射を作り出すシェーディングツールで構築された「様式化された現実の抽象化」を引用した。 また、注目に値するのは:鮮明で硬い影を保ちながら、建物の大部分をインタラクティブに照らすアーティストフレンドリーな照明ツールです。"

 さらに素晴らしい2D-3Dについては、検索してみても特にメイキングの記事は見つかりませんでした。
 IMDbによると、ステレオスコピック・スーバーバイザーは、レイン(レイニー?)・フリードマンという方で、ソニー・ピクチャー・イメージワークスの所属とのこと。

Spider-Man: Into the Spider-Verse (2018) - Full Cast & Crew - IMDb.

"Layne Friedman ... 3d stereoscopic supervisor"

Layne Friedman - IMDb.

"Layne Friedman is known for his work on Spider-Man: Into the Spider-Verse (2018), Maleficent (2014) and Bad Boys II (2003)."

Layne Friedman - Stereographer / Stereo-3D Supervisor - Sony Picture Imageworks

 Stereo 3D Suoervisorとしては、『メン・イン・ブラックIII』『スパイダーマン ホームカミング』ほかを歴任されているとのこと。CINEFEX等で特集して頂きたいものです。

◆関連リンク
・制作者インタビュー 作画のポイントについても語られています。


Creating the groundbreaking style of Spider-Man: Into the Spider-Verse - YouTube.


A behind the scenes look at Spider-Man: Into the Spider-Verse | Adobe Creative Cloud - YouTube

Facebookの僕のページに、劇場の3Dポップの3D写真がありますので、よろしければご覧ください。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧