文化・芸術

2019.08.21

■感想 平野暁臣編著『太陽の塔』

67957347_2328232527506328_94921878207987  
平野暁臣編著『太陽の塔』(小学館 公式HP)

"再生を果たした太陽の塔の真髄に迫る
2018年3月に恒久的なミュージアムに生まれ変わる太陽の塔。
 既刊『岡本太郎と太陽の塔』とおなじく、貴重なヴィジュアル資料を豊富に収録するとともに、新たに発掘された種々の秘蔵史料を初公開。太陽の塔の制作状況を時系列で追った250枚におよぶ「実録・太陽の塔」をはじめ、本書が備える高い資料価値は、一般読者のみならず図書館や学校、研究者等の期待にも応える内容となっています。また、今回の「太陽の塔再生プロジェクト」を指揮した著者自らが著すプロジェクトの記録は後世に残すべき資料となりました。
 さらに建築家・磯崎新、作家・森見登美彦、文芸批評家・安藤礼二の論考も収録。多面的な角度から太陽の塔を読み解くヒントを満載しています。"

 平野暁臣編著『太陽の塔』読了。先日の太陽の塔の内部見学の衝撃から、建造当時の様子を知りたくて読んでみた。多数の当時の写真と平野暁臣氏による渾身の長文レポート「実録・太陽の塔」が素晴らしい。

68328555_2328232654172982_39042408882886
 写真で特に興味深かったのは、現在のリビルドで再生されなかった地下空間と空中展示の概要がわかったこと。それぞれ、人の原初的な無意識領域と進歩の先の未来を描いた展示で、中間の太陽の塔と生命の樹をセットで本来の万博テーマ空間が表現されているわけで、見学できた部分に組み合わせてイメージすることで、岡本太郎の構想にちょっとだけ近づくことができた感触。

68437758_2328232574172990_54366059000454  
 平野暁臣氏の「実録・太陽の塔」は、岡本太郎の著作や対談、当時の公式記録、新聞記事、岡本敏子さんのメモ等から丹念に時系列でドキュメントとして描き出した労作。コンセプトの誕生から、岡本太郎のテーマ館プロデューサー就任の過程、精力的な組織編成と世界を飛び回ってのプロデュースの生々しい再現。まさに岡本太郎の強い想いの具現化の軌跡がトレースできて、より立体的に太陽の塔の全体像に近づくことができる。

◆関連リンク
平野暁臣さんに聞く『太陽の塔』と『明日の神話』のストーリー(ほぼ日)

| | コメント (0)

2019.07.31

■感想 『クリムト展』@豊田市美術館

67347826_2314106722252242_82626379234683
 『クリムト展』@豊田市美術館 観てきた。
 思ったより作品数はこじんまりとしていた。
 でも「医学」1897-98年、「ユディトI」1901年、「葉叢の前の少女」1898年頃 等、堪能しました。
 金箔を使ったクリムト独自の絢爛でデカダンな油彩から鉛筆のスケッチによる流麗なタッチまでしっかりと眼に焼き付けました。
 やはり絵画の醍醐味は生で観ること。画家が描いたその絵の前に、観客自身が立って、その絵を描いた時の画家のあれこれを想像する楽しみが最高に貴重な時間だと思うけれど、最新の8K映像ならば、この臨場感はかなりの割合でモニタ上に再現できる気もして、そんな8K放送を一度試しに見てみたいと思ったり、、、。

67265341_2314106658918915_64450234619065
 豊田市美術館はリニューアルしたはずが、ほとんど以前と変わらず(チケット売場の位置は変わってたが)、期待してたのに残念。

 今回、豊田市美術館の1Fの半分、南側を使った展示でかなりコンパクト。朝一で30分待ちでチケット購入、さらに入場まで20分待ち。入ってすぐが狭いので、人が滞留、もっと広く会場を確保すべきかなあと思います。1Fの北側スペースが広いお土産ショップになっていたけど、そんなものより展示重視にして北側も絵画の展示に使って欲しかった。

 豊田市美術館は、自分がたぶん一番回数行っている美術館なので、今後のこうした絵画重視での展示を期待したいものです。

 以下、Facebookに3D風写真を掲載しているので、ご覧いただければ幸いです(^^)。

| | コメント (0)

2019.07.24

■情報 「加藤泉-LIKE A ROLLING SNOWBALL」展

20190712katoizumi04_fullside 
左から「無題」2008年 原美術館蔵 Photo: Ikuhiro Watanabe、「無題」2019年 Photo: Kei Okano、「無題」2018年 Photo: Yusuke Sato、「無題」高橋龍太郎コレクション蔵 Photo: Tsuyoshi Saito

「加藤泉-LIKE A ROLLING SNOWBALL」 (原美術館公式)

”ハラ ミュージアム アーク(群⾺県渋川市)2019年7月13日[土]〜2020年1月13日[月・祝]
原美術館(東京都品川区) 2019年8月10日[土]~2020年1月13日[月・祝]

東京の美術館としては初の⼤規模個展となる原美術館では、新作の絵画、彫刻作品約 30 点を、元々は個⼈邸宅として建てられた独特の建築空間と対話するように展⽰します。吹き抜けのギャラリー1 では、加藤泉の新たな試みの⼀つである、⼤判のファブリックを⽤いたインスタレーションがお⽬⾒えします。ほか全館で絵画や彫刻など最新作約 30 点を展観、ストローク跡も⽣々しい加藤による表現世界の現在が出現します。

別館のハラ ミュージアム アークでは、作家秘蔵の未発表作品も交え、代表作を中⼼に約 100 点にのぼる圧倒的なスケールの作品群でこれまでの活動を振り返ります。初期作品から近作まで、未発表作品を含む約 100 点によって、作家の四半世紀にわたる活動を網羅的に紹介します。加藤の作品に登場する⼈のような形は、1990 年代半ばの彼の絵画作品に既に⾒ることができます。 初期から現在に⾄る代表作がハラ ミュージアム アークの開放的でシンメトリーな空間で⼀堂に会することによって、このモチーフが、素材と技法の幅を広げながらどのように展開されてきたのか、その変奏の過程をたどることができるでしょう。

また、⾼さ 13 メートルのメインギャラリーでは、代表的な⼤型の⽊彫作品を中⼼に、ソフトビニールや⽯を ⽤いた⼤⼩様々な彫刻作品の共演が予定されています。"

 群馬と東京で、加藤泉の作品 約140点が一堂に見られる大々的な個展が開かれている。
 なんとも言えない魅力的な/プリミティブな迫力に満ちた加藤泉作品をたっぷりと堪能できるということでこれは、是非とも行かなくてはと思う。
 
 僕が加藤泉作品を観たのは、いくつかのグループ展 (例えば「みんな、うちのコレクションです」展 @ 原美術館 (2016)) と、個展(と二人展)では 加藤 泉『はるかなる視線』展 @ アートスペースSix(2011) 『この世界に生きている – 加藤泉 × 陳飛 : LIVING IN FIGURES IZUMI KATO × CHEN FEI』展(2016) だけであるので、今回のこの機会はとても貴重で楽しみ。

 群馬県渋川市、調べてみると、東京から新幹線を使っても2時間あまりかかる。これは1日ではふたつは回れないですね。どうしよう、、(^^;)

◆関連リンク
加藤泉の全貌。ハラ ミュージアム アークで加藤泉の個展「LIKE A ROLLING SNOWBALL」を見る (美術手帖) 

"本展では、1994年から2019年のあいだに制作された143点もの作品が、3つのギャラリーと特別展示室「觀海庵(かんかいあん)」の4つで展示される。"

| | コメント (0)

2019.05.20

■感想 「櫛野展正のアウトサイド・ジャパン展」@東京ドームシティGallery AaMo

Osj_event_pc
「櫛野展正のアウトサイド・ジャパン展」 @ 後楽園

" 日本唯一のアウトサイダー・キュレーター 櫛野展正さんによる「アウトサイド・ジャパン 日本のアウトサイダー・アート」の刊行を記念した初の大規模展覧会『櫛野展正のアウトサイド・ジャパン展』を、2019年4月12日(金)~5月19日(日)の期間開催します。

 本展では、櫛野展正さんによる、障がいの有無にかかわらず、70名を超える、表現せずには生きられない、表現者と呼ぶにふさわしい隠れた芸術家たちの作品2,000点以上が一堂に会します。書籍「アウトサイド・ジャパン 日本のアウトサイダー・アート」に登場する注目のアーティストによる作品を中心に、「ヤンキー文化」や「シルバーアート(老人アート)」などの芸術作品「アウトサイダー・アート」の驚きの作品の数々が並ぶ展覧会です。"

 ゴールデンウィークの4/29()に、バラエティに富んだプリミティブアートを堪能しました。
 タイミングがあって、櫛野氏のギャラリートークも聴けて、各作家のエピソードと個性に圧倒されつつ、人の精神のワンダーに潜入していくダイナミズムに、爆笑したり感応し過ぎてちょっとグッタリ感も(^^;)

 ここでのアウトサイダーは、「障害のあるなしにかかわらず、表現せずには生きられない、表現者と呼ぶにふさわしい隠れた芸術家たち」の探索を目指してるとか。

 例えるなら、「探偵ナイトスクープ」の人の深奥を覗いたような濃いエピソードとパラダイスエピソードを10本続けて観たような疲労感(^^)。
 以下、そのほんの一角の写真と簡単な感想レポートです。

A1-59087081_2244951625834419_52778867021
 栃木県の「創作仮面館」ストレンジナイト氏の作品。新聞配達をしてひとりでマスクを作り続けていたアーティスト。亡くなった後に実は家族もあり、作家像そのものがフィクションだとわかったとか。密集した仮面の迫力が圧倒的。是非リンク先の「創作仮面館」の写真も見てください。素晴らしい奇想の迫力。

A5-59211473_2244951812501067_48694448643
 左は戦隊モノに憧れてコスチュームと動画を作り続ける兵庫県の伊勢田勝行氏の作品。動画は戦隊アニメーションで声もご本人。好きであるということのパワーを体感できます。
 まん中は広島県のスギノイチヲ氏の顔模倣写真。
 右は「蝋プロ」松崎覚氏の、三島由紀夫とマイケル・ジャクソン、高精細の蝋人形。髭の一本一本まで植えられてました。確認のため顔を3cmほどの距離に接近。何故か赤面するほどのリアル(^^)。リンク先 「蝋プロ」のHPには芥川龍之介、ダリ、ピカソ、ジョン・レノンの素晴らしい造形があります。

A3-58461825_2244951472501101_18206232880
 左 広島県「ホラー喫茶 伴天連」藤田喜代男氏の動物の骨を加工したオブジェ。この奇怪な造形は一度見たら呪われそうな迫力です。(関連リンク 喫茶 伴天連インスタグラム)
 中央 群馬県 稲村米治氏の「昆虫新田義貞像」本物の昆虫約5千匹をピン留し作成。2万匹以上を使った「昆虫千手観音像」もあるらしい。
 右 史上最年長で東京造形大の学生となった 東京都 一つ桺 恋路氏の「落ち武者」、こちらも蝉の抜け殻、手羽先の骨等の「亡骸」で作られた「死者」のアート。

A6-59446292_2244951632501085_97859235118
 左 久留米市の「カラフルおじさん」こと富松義孝氏の衣装と自転車。過剰な色もアウトサイダーの注目ポイントです。
 中央 広島の山の中で奇妙なスナック「ジルバ」を経営している城田貞夫氏のカラクリ人形作品。まさに「探偵ナイトスクープ」のパラダイスのごとしw。
 
A4-58444818_2244951875834394_60149447900
 まん中 杉作J太郎氏のカジュアル書道。ひとつづつがわらけます。
 左と右 愛知県 村上千洋子 茂樹夫妻のシルクスクリーンのブローチ。ナムジュン・パイクとヨーゼフ・ボイス。フランシス・ベーコンとウィリアム・バロウズという取り合わせがいい感じ。

A2-58890840_2244951535834428_13285667004
 広島で清掃員をしながら芸術しているガタロ氏の作品。右が毎日、掃除後の雑巾をスケッチした1年分の作品群。圧巻です。

◆関連リンク
クシノテラス
櫛野展正『アウトサイド・ジャパン 日本のアウトサイダー・アート』(Amazon)
 こちらが櫛野展正 さんの著作。ここでも紹介したアーティストほか、とても興味深い人々が登場しています。是非。

| | コメント (0)

2019.05.13

■感想 「シド・ミード展 未来のリハーサル」@アーツ千代田3331

58578422_2244433492552899_37691108190406
 シド・ミード展 未来のリハーサル

"  2019.4/27(sat)▶5/19(sun) アーツ千代田3331 "

 ゴールデンウィークの東京で、4/27(土) シド・ミード展に行ってきました。この日は全く待ち時間なく入れて、まあゆったり見られたのですが(それでもリンチ展の数十倍の観客w)、次の日からは数時間待ちとか大変だったようです。

58379525_2244446185884963_87237334232496
58443284_2244446249218290_12710020526332
 展示作品リストにあるように、150点の作品が展示され、なかなかの圧巻の鑑賞体験でした。
 かつてスターログで初めてシド・ミードの絵を眼にしてから、すでに数十年、彼が幻視した未来に我々は住んでいるわけですが、今見ても古びていない未来描写にため息ばかりの鑑賞でした。

58659958_2244433809219534_24237472015880
 アーツ千代田3331は、視野しんのように学校をリノベーションした美術館で、小さく写っていますが、シド・ミード展の隣では「神田祭の元年」展が開催されており、御輿とミードの未来透視力の対比がまたいい味を出していました(^^)。

58441277_2244433695886212_62486371989884
OBLAGON AR
 スマホにアプリを入れて、ARでCG化されたミード造形物に近づいて、いろんな角度から観られるのも面白かった。
 写真のようなイラストにアプリOBLAGON AR を入れて、 スマホを絵に向けると、その絵に上書きされてミードの制作過程の下絵であるとか、絵を3D-CG化して、観客が回り込んで絵の中の構造物やメカをいろんな角度から見られるような映像が現れる。
 この趣向は美術の展示会では初めてだったけれど、なかなか素晴らしい、いろんな可能性のある展示形態かと思う。今後の進化が楽しみです。

| | コメント (0)

2019.05.06

■感想 「デヴィッド ・ リンチ 精神的辺境の帝国」展@ 渋谷 GYRE GALLERY

"デヴィッド・リンチ 精神的辺境の帝国
会期:2019年4月19日〜6月23日
会場:GYRE GALLERY
住所:東京都渋谷区神宮前5-10-1 GYRE3階
開館時間:11:00〜20:00
入場料金 : 無料
休館日:無休"

 「デヴィッド ・ リンチ_精神的辺境の帝国」展@ 渋谷 GYRE GALLERY、ゴールデンウィークに観てきました。
 今回、会場は自由に写真撮影可ということで、多数撮ってきましたので、今回は写真レポートということにします。

58543753_2243681769294738_67957047370113

 会場にブラックロッジが存在し、赤いカーテンの部屋でリンチの2015年の「FiRE (PoZaR)」という短篇アニメーションを体験できます。

59320245_2243682179294697_71051146878213

 短編はリンチのドローイングをアニメーションとして動かしたものでストレンジな雰囲気を堪能できる作品です。この記事のラストにその一部動画を引用しておきます。全篇を是非会場でごらんください。

59356706_2243681849294730_20190212491910
59402034_2249420562054192_56987642098027

 会場は思ったより規模が大きく、ペインティング7点、ドローイング3点、工業地帯の写真22点、水彩画12点をじっくり堪能できます。何と無料で。

58825851_2243681785961403_84191498603342 特に良かったのは、やはりこれらのペインティング作品。
 リンチの油絵の具を盛った独特の絵画がとても好きなので、今回もこれらに見惚れて帰ってきました。

58852684_2243681612628087_40594174167429

  そしてGYREのビル内は地下から5Fまでの吹き抜けがこの展示のチラシのタワーによって、デイヴィッド・リンチの精神的辺境の帝国として空間を支配されています。この吹き抜けだけでもリンチファン必見です。

58616568_2243681695961412_26339149966517

 同じフロアにあるMoMAショップではリンチデザインのスピーカーが販売されていました。この値段では僕は手が出ないですが、ファンの方は是非ご検討ください。

◆動画「FiRE (PoZaR)」一部引用 

 

■もうひとつのリンチ展
58586634_2244093562586892_64903501802215
 そして会場で配布されていたチラシ。「デヴィッド・リンチ 昏い幻想 David Lynch Industrial Fantasy」というもう1つの展示会が5/10から、「精神的辺境の帝国」展のキュレーターでもある飯田高誉氏が主宰する スクールデレック芸術社会学研究所で金土日開催(火水木は事前予約性)とのこと!こちらは「Industrial Fantasy」と名付けられていることからリンチの写真中心なのかもしれません。まだスクールデレック芸術社会学研究所の公式HPには詳細が記載されていないため、今後の情報に注目です。

| | コメント (0)

2019.04.22

■感想 「大徳寺龍光院 国宝 曜変天目と破草鞋」@ミホ・ミュージアム 滋賀県信楽

00-0d75ccfad59c2fee21d26f6985281030
「大徳寺龍光院 国宝 曜変天目と破草鞋」

"会期 2019年3月21日(木) - 5月19日(日)
開館時間 午前10時~午後5時 (入館は午後4時まで)
休館日 月曜日 ※4月29日(月)、5月6日(月)は開館 4月30日(火)、5月7日(火)は休館"

 「大徳寺龍光院 国宝曜変天目と破草鞋(はそうあい)」展@MIHO MUSEUM、観てきました。
 ゴールデンウィークで混む前にと思い、4/20土曜の15時くらいに行って約45分待ち。美術館に入場して、曜変天目の展示会場前で30分、会場に入ってそこから奥に置かれた曜変天目のところまでの行列で15分待ち。

 世界に3つしか存在しないという曜変天目の宇宙を拝んできました。

01-58382151_2238666229796292_54256183686
 ちょうど美術館構内のしだれ桜も満開で桃源郷にブラックホールを観る想い(^^)。美術館手前のしだれ桜は、美術館専用の歩道のトンネルの中から観た光景がまた素晴らしいものでした。半円形の望遠鏡から覗く景色。

02-57174847_2238666383129610_37300710180
 展示タイトルの「曜変天目と破草鞋」は、会場前にあった説明書き(上写真)によると、貴重すぎて値の付けようのない「曜変天目」は「破草鞋」 (やぶれたぞうり)と同じであるという禅的解釈から来ているとのこと。
 「破草鞋」も展示されていると期待したのだけれど、美術館の方に尋ねると、それは雰囲気を味わってほしい、ということで実物の展示はされていないとのこと。残念!! w

◆関連リンク
【音声配信】「その輝きは、まるで宇宙!?世界に3つしか現存しない国宝『曜変天目』
 その秘密と魅力に迫る!」荻上チキ×橋本麻里×長谷川祥子▼2019年4月12日(金)放送分(TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」平日22時~)

| | コメント (0)

2019.03.20

■情報 「デヴィッド・リンチ 精神的辺境の帝国」展 @ GYRE GALLERY

"デヴィッド・リンチ 精神的辺境の帝国
会期:2019年4月19日〜6月23日
会場:GYRE GALLERY
住所:東京都渋谷区神宮前5-10-1 GYRE3階
開館時間:11:00〜20:00
休館日:無休"

0306davidlynch04_666checker

〈GYRE GALLERY〉第1弾はデヴィッド・リンチにフォーカス。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS.

"映画監督、脚本家、プロデューサー、ミュージシャン、アーティスト、俳優としても活躍するデヴィッド・リンチは、シュルレアリスティックな作風と個性的な映画スタイルを確立した、“カルトの帝王” とも呼ばれている。この本展はタイトルにもなっている「精神的辺境の帝国」というコンセプトに合わせ、デヴィッド・リンチ本人とキュレーターを務める飯田高誉により選びぬかれたペインティング7点、ドローイング3点、工業地帯の写真22点、水彩画12点(予定)が展示される。これらは、リンチ初期の代表作『イレーザーヘッド』と、その映画ロケを行った制作現場のフィラデルフィア工業地帯へのインスピレーションに捧げたものとなっており、リンチの創作の原点を見据えた展覧会構成と言える。

「ペインティングと映画には、従うべきルールがある。このルールは、とても親密なもので抽象的なものである。なおかつ、無限の可能性を秘めている。ときにこれらのルールは存在しないとさえも思わせるほどだ。しかし、確かに、ルールは存在する。それらのルールは本には書かれていないが、我々の精神と心の中に内在する。行動と決断の直前、あるいは直後に、それらは直感を通してその存在を現す。これらのルールは、すべての表現媒体に適応する。それらに従えば、幸福がもたらされる」とコメントを寄せている。"

 デイヴィッド・リンチの日本での7年ぶりの美術展(前回は、2012年11-12月のデイヴィッド・リンチ展 〜暴力と静寂に棲むカオス@ラフォーレミュージアム原宿)。

 規模から言うと前回のラフォーレの展示に比べると随分こじんまりとしたものになる様だけれど、現在のリンチの日本での知名度(映画は『インランド・エンパイア』以降作られておらず、傑作『ツイン・ピークス シーズン3』はWOWOWのみの公開)からは、開催されることだけでもファンは喜ばないといけないだろう。

Image2checker_2

 この左の写真は、『ツイン・ピークス season3』の造形物を想起させずにはおかない。今回、22点の写真作品が公開されるとのことだけれど、こうしたリンチ独特のデッドテックな工場地帯の写真、生で見るのは初めてなので、大変楽しみ。

0306davidlynch01_666side

 そして絵画作品は、ペインティング7点、ドローイング3点、水彩画12点の合計22点を計画しているという。ラフォーレミュージアム原宿での展示の際、大判のペインティングが素晴らしい迫力だったのだけれど、今回、どの程度の大きさの絵画作品が並ぶのか、楽しみに4月を待ちたいと思う。

| | コメント (0)

2019.03.18

■動画 ヴィアレッジョ2019年のカーニバル 満潮 "Carnevale di Viareggio 2019 - Alta marea"


Carnevale di Viareggio 2019 - Alta marea - YouTube

 イタリアのカーニバル Carnevale di Viareggio のパレード。巨鯨のアート作品。
 鯨の口に入っているのは、海に投棄されたプラスチックとのこと。環境問題を提起したアート作品になっている。そうした問題意識よりもインパクトのある、この巨鯨の造形が素晴らしい。

 鯨表面の猥雑なテクスチャアとか、鯨の体の動きとか。なかなかの完成度で、近くで是非観てみたいものです。


Goldrake Generation... anche dall'alto! - Carnevale di Follonica 2019 - YouTube

 こちらは同じカーニバルの全高約15mのグレンダイザー!
 ビルや人々のコスチュームも含めて、欧州のグレンダイザー人気は根深く定着している様です。

| | コメント (0)

2019.03.11

■情報 デイヴィッド・リンチ イギリス初のアート展 "David Lynch: My Head is Disconnected"

Davidlynchbyjoshtelles_rgb940x460

David Lynch: My Head is Disconnected - HOME

Google翻訳引用
“David Lynch:私の頭はディスコネクトされた

2019年7月6日 - 2019年9月29日
 1960年代後半から60以上の奇妙で素晴らしい作品をフィーチャーして、我々が先駆的な映画監督と芸術家デビッドリンチによる作品の最初の英国の主要な展覧会を主催するように現代。

 Elephant Man、Blue Velvet 、TV番組Twin Peaksなどの映画で最もよく知られていますが、私たちの多くはすでにリンチのオンスクリーンビジョンに精通していますが、ペンシルベニア美術アカデミーを卒業して以来、彼は絵画、彫刻、写真、そして絵を描くことで、日常生活の内的な働きをまとめます。 彼の作品では、平凡なことは暗くて風変わりな内部探査の機会を提供しています。 傷のある、焦げた、そして立体的な形をしたリンチの表面は、魂への窓のようなものです。

 私の頭は切り離されています
 彼の壁ベースの彫刻作品の主要な展覧会です。4つのテーマは40年以上にわたって発展してきた芸術的経歴を結びつけます。
 展覧会の最初の章では、 City on Fireという題名で、極端なディストピアンの風景と、それが住む人々に与える影響について探ります。 何もないここでは、一連の幅広いキャラクターを通して人間の精神と心の脆弱性を見ています。
 インダストリアルエンパイアは、労働、産業、そして環境のテーマに関する絵を描いています。
 展覧会の最後の章、 Bedtime Storiesは 、彼の暗い物語とキャラクターを彼ら自身の宇宙で一緒に折り畳むリンチによる新しい作品を特徴とします。 私の頭が切断されているのと同時に、HOMEのDavid Lynchも特別にキュレーションされた音楽イベントと映画の回顧展を特集します。“

20190310_172006

 デイヴィッド・リンチのイギリス初 マンチェスターでの展覧会の公式HPの記事。

 まだ少し先の7月からということだけれど、展覧スペースは4つに分けられて、映画とアートと音楽イベントが開催されるということで、かなり大規模な展覧会になっているようです。
 夏休みにイギリス旅行を企画されている方にはお薦めです。

 日本でもすでに何年も開催されていないため、デイヴィッド・リンチのアート展、どこかで開いて頂きたいものです。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧